プー・パッポンカリーの味ランキング/11月のmontly lessons

e0159569_1735469.jpg

10月のmonthly lessons, かにの入手について ごたごたはしましたが、
無事に終わりました。


特に、今月は、 プー・パッポンカリー(かにのカレー風味卵とじ) に絶賛の嵐。


ある生徒さんは
「これで、近所の魚屋さんで 堂々とワタリガニが買えます!」
と。

魚屋さん、 これからも正々堂々と 渡り蟹仕入れてください。

「今まで色々なお店で食べてきたけど、 今日のが一番美味しかったです!」

センセーもうれしいわー。 
これからはご自宅で美味しいの、食べられますね。


「娘がプーパッポンカリーが大好きで。 一口でもいいから、もって帰って来いって言われたんですけど」


一口なんていわずに、おうちで作って、満腹食べろや。



おかーさま、レッスンで作ったものは、ちゃんと食べて味覚えて、お嬢様にその腕前を披露して、自慢しまくってください。



そんなこんなで。

e0159569_1745858.jpg

プー・パッポンカリー。
現地でも お店によって味が違いますし、入れる材料もかわります。


e0159569_1741966.jpg

プー(かに)だけじゃなく、えび(クン)や いか(プラームック)をいためても、
パッポンカリーになります。


今月は、 できる限り、 色々なバージョンで 作ってみましたが。

SALA ISARA Monthly lessonsで 4年に一度の「パッポンカリー、何が一番美味しかった?」
アンケート、集計結果です。


まず、 エビかカニかといえば、 断然、かに人気。
カニカレー食べたくて、 生きたかにデリバリーしてくださった生徒さんすらいらっしゃいましたから。


そして、 味とあわせる野菜につきましては。

一番人気は

セロリ入り・マイルドバージョン。

マイルドバージョンは、仕上げに牛乳が入ります。
女子受けはもともとよかったけど、 今回、 80パーセントくらいの生徒さんが、
「かに+セロリ+牛乳」を一番に挙げてくださいました。

あ。なお。
生徒さんから毎回のように質問を受けたんですけど。


e0159569_1753950.jpg

画像みたいに、 お店で出てくるカニカレーにベロっとかかってる、赤い油って、なんですか? というもの。


本来は、ナムプリックパオ(チリ・イン・オイル という、食べるラー油的なペースト) の上澄みの油で、

今月、センセーは、このレッスンのために、上澄み油多めのプーパッポンカリー向けの味のナムプリックパオを手作りして、レッスンに望みましたが。


まあ、お店とかだと、 いわゆる「シズル感」演出のため?
タイでは、 赤い油のみ、 1リットルくらいのビン入りで売っていたりもしますが。

おうちで作るときには、 必要ないっす。(きっぱり)

市販のナムプリックパオのうわずみをビャーかけちゃうと、 残ったペーストが乾いちゃうし。

ということで、 習われた皆様、 かにと目が合ったら、 気軽にプーパッポンカリー作って、
美味しく満腹いただいてください。



そして、 11月のレッスン。

メニューは 
1 チェンマイカレーといわれている、 ゲーン・ハンレー。
基本的に具は豚肉だけ という、ココナッツミルクを使わない、シンプルなカレーなのですが、
仕上げにピーナッツと、
e0159569_17363068.jpg

しょうがの千切りがー これでもか、ってほど、入れます。


2 ガイ・パット・キン。鶏肉のしょうがいため。
e0159569_17374928.jpg

これも、シンプルにいためた鶏肉に しょうがの千切りがどばーっと。

3 ブアローイ・ガーダム・ナムキン。 ゴマだんごの温かいしょうがシロップがけ

がっつり、しょうが祭りです。

しょうが食べまくって、体あっためて、来る冬にそなえようかと。

10月27日現在、

新たに 11月2日の開講は どうでしょう? とのお問い合わせいただいてます。

この日にこられるかた、 お早めにメールください。
HPは更新できていなくても、 HPからのメールのお問い合わせは ちゃんと届きます。



あとは、8日に残席2席。

17日も開講するかもしれません。

20日は満席です。

その他の日程も、 「この日はどうです?」みたいなお問い合わせも承ります。


どうぞご検討のほど、お願い申し上げます。








[PR]
by salaisara | 2016-10-27 17:44 | シーフード | Comments(0)