材料さえあれば、 タイ料理は簡単だということ。

ある日のこと。

泉のほとりを散歩していたら。
「今晩のおかずにどうぞ」
というメモの隣に、 


e0159569_13271349.jpg

見事な渡り蟹さんがおりましたので、

えいやっっと ふん縛って、 家に連れて帰りました。


というのは、 はい、 真っ青な 嘘八百です。

散歩がてら行くロケーションでもないところの、 時々グリーンパパイヤとか、根っこの立派なパクチーとかが売られているスーパーの鮮魚売り場で、 こいつと目が合ってしましました。


この大きさ(比較対象・165mm三徳包丁) で、 480円。 どうよ、安くない?


で、ここからの問題は、

恐らく、世間一般的な人々は、 この蟹みても、 「安いから、今晩のおかずにしましょう」と、さくさく買って帰れるか否か ということ。






ちなみに、 スーパーの 値札シールには 「汁物にどうぞ」 みたいなことが書いてありました。

うーん。 味噌汁にするにしては 随分立派な蟹である。


きっと、イタリア人なら渡り蟹のトマトクリームパスタだな、 と 思いつつ。


あたしはイタリア人じゃないし。


ということで、 こうなるわけですね。


e0159569_13432299.jpg

プー・パッポンカリー。
カニの カレー風味卵いため。 
チュウカ系タイ料理、シーフード部門で ダントツの人気を誇るお料理ですね。

いや、あたし、タイ人でもないのですが。
タイ料理のセンセーではあるわけでして。



これ、レッスンやら撮影やらのために「わざわざ」作るなら、 もう少し 彩りを足したのですが、
これは 普段の 晩御飯のために作ったものなので。


私がこの料理のために「わざわざ」買ったものって、 渡り蟹だけです。

あとは、 玉ねぎとか卵とか、普通の家庭でも常備されている食材。

調味料は、オイスターソースとか、 ちょっと普段からいろいろお料理されているご家庭なら、そこそこ常備されているものがほとんど。

あ、チリ・イン・オイルは、 この時から うちでは市販品を置かなくなったので、ちゃちゃっと、作っちゃいましたが。
その材料だって、乾物とか、 家に在庫があったので、特別に買ったわけじゃない。



タイ料理作れるようになると、

もちろん、 お店で頂くよりも全然お安く、 たっぷり 美味しいタイ料理が食べられる
という事も」ありますけど。

(実際、うちに通って下さる何人かの生徒さんたちから「お陰様で、エンゲル係数が下がりました」「わざわざ遠方のレストランまで行く必要もなくなったので、交通費まで圧縮できました」とのご報告、頂いてます。)


「これ、どう料理すればいいの?」という素材を
嬉々として 買うことができます。


空芯菜 しかり、 グリーンパパイヤしかり。

以前、近所のスーパーで 四角豆 っていうのがお安く売られていて、
喜び勇んでレジに持っていったら
レジのおばちゃんに「これ、どうやって料理するんですか?」と きかれたこともあり。
(正解は、 これ。 大好き。このヤム。)





いまや、ネットで調べれば、
どんなお料理のレシピだってでてくる世の中ですが。

そんな世の中でも、 お料理教室がなくならないのは、

やっぱ、「実際に習って、 味を覚えて、 おうちで再現しまくる」 プロセスが お料理上手になる、一番の近道だから、じゃないかしらん?


ってなことで。
簡単に、ちゃちゃちゃっと 美味しいものを作って食べたい方、
よく分からん野菜とかも、 美味しく料理してみたい方、
お料理のレパートリーをふやしたい方、

どうぞ、 ためしに遊びにいらしてください。


プー・パッポンカリーは、 残念ながら、うちが こんなに立派な渡り蟹がてに入る環境ではないので
エビで代用させていただく予定ですが
10月のmonthly lessonsで お教えします。
ほんと、ちゃちゃちゃっと、簡単につくれます。 


あと、 最近うちの近くのスーパーや、 神奈川県内のJA直売所なんかでも、 時々見つけるたびに
「おおt!」と 身がまえてしまうのですが、

グリーンパパイヤのサラダ(ソムタム)は、 9月のmonthly lessonsでお教えします。


9月のいまのところの募集日程は

17日、18日 23日(残り1席) と、 26日(残り1席) です。


・・・・で。 あたしの、 数年来の 疑問。

うちの近所で売られているグリーンパパイヤ、 一体どんな人たちが、どんなお料理のために買っているんでしょ?

沖縄料理の しりしりしか、思いつかないんですけど、日本料理だと。

それとも、あれか? この辺、外国籍の人々も多いから、 日本人以外の人が あたしみたいに喜び勇んでかうのかしらん?













 
[PR]
by salaisara | 2016-09-06 14:26 | シーフード | Comments(0)