経験値 / みんなでご飯を食べるということ。

e0159569_16532197.jpg


春休み、 こどもサラパオレッスン、 絶賛開講中。







おうちで 幼稚園児~小学生が 粉もん作る となると。

まあ、 普通のおうちだと、結構大変かもしれないですね。

e0159569_1743210.jpg



粉は飛ぶ、生地は落ちる。
手はべたべたになる。 

でも、レッスンだもん。
初めて作るんだもん。

e0159569_16283480.jpg

床やら作業台がどんだけ汚れようと、 頑張って作ったサラパオは 美味しいに決まっている。

センセーは、 君たちが 出来上がったサラパオを 蒸しあがったそばから もりもり食べてくれると
とても嬉しい。

後始末は任せておけ。


そういえば 最近。
先日、 うちの小学生の幼稚園時代のお友達と、遊びに行って、
そのまま晩御飯を一緒に食べた。

お友達、幼稚園時代はお弁当もすっごく小さくて、小食ちゃんだったのに、

先日一緒にご飯食べたときは、 すごくたくさん食べていた。
ママもびっくりして、「まだ本当に食べられるの?大丈夫?」と 何度もきくくらい、 たくさん食べた。


「こづれっすん」の 小食君
のときもそうだったけど、

みんなで、 美味しいねー と、 楽しい雰囲気でご飯食べると、
小食ちゃん、小食君も、 釣られて食べちゃう ってこと、大アリだと思う。


全世界の お子さんがご飯食べなくって 困っているお父さんお母さん。

たまには お友達でも誘って、 これからのお花見シーズンなんぞに、
みんなでご飯でも食べに出書けて見てはいかがでしょうか。

ご飯ぼろぼろ落とす心配とかがあれば、 お店じゃなくって、ピクニックランチのほうが 気が楽じゃないかな。


そこでタイ料理なんて作っていった時にゃ、 友達から「すごい!」と、賞賛の嵐に放り込まれること、確実ですよ。


と。

お料理得意じゃないからー
お弁当持っていくとか、ましてやタイ料理とか、 絶対むりー
 という そこの奥様。




お料理が上手になるには、 経験値 というのが 大きいと 思う。

ひたすら、経験値を上げていけば、 自然、料理の間合いはつかめてくる。


我が家の小学生はというと。


最近、 ホットケーキ研究を している。
e0159569_17383755.jpg


・・・・すいません、
そもそも、 最初はクレープだったんです。
学校からクレープの作りかたがかかれた本借りてきて、作りたいというので作ってもらったら、
どうしても、薄すぎてひっくり返せない。

だったら、1人で作れるのはホットケーキだろ。

どうせ作るなら、 自分の中でサイコー!と思えるレシピを開発したまえ、 と、
ベースのレシピをわたして、

e0159569_1736351.jpg


どうせ研究するなら、イメージするお店にいって、その秘訣を探ってみよ、
パンケーキのお店にいってみたり。


e0159569_1794250.jpg

幸い、うちはIHクッキングヒーターなので、 火事の心配なく、 加熱作業も任せられる。


小学一年生にもなれば、 粉の計量もちゃんと出来るし、
洗い物だって、ちゃんと出来る。

材料揃えてあげれば、完璧に、1人でホットケーキ、作れます。



・・・・自分の小学生時代を思い起こせば、
確か、お菓子作りに目覚めたのは、 小学5年生くらいだったと思う。

と、思うと、すごいな、今のこどもって。


ということで。

お母さんのタイ料理・経験値を上げたい場合は、 
通常レッスンのmonthly lessonか、
習いたいお料理がシカと決まっている方は、 プライベートレッスンを お勧めしてます。


お子さんのお料理経験値を上げたいと思われたら、

是非、 こどもレッスンを ご検討下さい。

こども・れっすん、サラパオ編を希望されるかたは、
2-3組様でのお申し込みで、プライベートレッスンの1品コースにて承ります。

具は、ムーデーン(タイ風焼き豚)と、 カスタードクリームです。


「自宅でこどもと料理するのはしんどいけど、子供の料理経験値を上げてあげたい」方、
お問い合わせをお待ちしてます。

 


  
[PR]
by salaisara | 2016-03-29 17:53 | 特別レッスン | Comments(0)