菜の花を ワルなイメージで食してみる。

うちのお教室、
コンサルの方々からは 「ブログやHPの写真に、もっと人間を出したほうが 集客できますよ。」
と言われるものの

シャイな人々や、 仕事柄、 写り込みNGな生徒さんもいらっしゃるので、
基本的に、 後姿や 手だけ を ブログでは使わせていただいております。

あ、「どんどん写して!」という生徒さん、いらっしゃれば、 ご連絡を。

e0159569_1431508.jpg

それで、 テ だけの写真みて、 思った。

数年前は、 結構皆さん、カメラ持って来ていたけれど
今はスマホで写真撮るのね。


嗚呼、どんどん時代から取り残されている、センセー。 あー、スマホー。





今月たくさん頂く、 菜の花。

βカロチンやビタミンB1・B2、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維などの豊富な栄養素をバランスよく含んでいるそうです。

特にベータカロチンやビタミンCは、 免疫力を高める効果があるから 風邪の予防にもってこい。


そして、 菜の花のビタミンCは 水溶性なので、 おひたしにと 茹でちゃうと減少するけど
さっと炒めると 効率よく摂取できる。


それって、 タイ料理にぴったりじゃん。


で。 2月のMONTHLY LESSONS,

菜の花祭りの1品目は、 女子受けねらって、 甘めのお醤油味の、優しい味わいに、ぴりっと菜の花を利かせた麺料理を紹介してますが。

もう1品は、 もっとワルに、がっつり、菜の花を頂きます。

e0159569_1451817.jpg

。。。。いや、ワル というか。 なかなかパンチのある 辛い炒めものという意味で。

ムー・クロープ という、かりかりに揚げた豚肉と一緒に がつんと辛く炒め合わせました。

これ、カリカリ・ポークだけでも 塩コショウちょいちょいっと振って、おつまみにもってこいなのですが
菜の花と一緒にいためあわせると、 ご飯によく合うパンチ系 ぶっかけおかずになります。


菜の花の栄養について書いたので、 それじゃ、豚肉は? といえば。

有名なのは、ビタミンB類。

豚肉にたくさん含まれるビタミンB1は肝臓でブドウ糖をエネルギーに変える時に必要なビタミン。
ということは、摂取すると、代謝がよくなる。疲労回復効果が高い。

またビタミンB1は体だけじゃなくて、心にも効く。
自律神経のバランスを整え、更年期障害や自律神経失調症の不快症状を緩和するそう。


レッスンで、 豚肉と 菜の花食べて、 いっぱい笑って ストレス知らず。

それ、タイ料理、ぴったりじゃん。

ついでに、 この、ビタミンB1の吸収を浴してくれるのが
アリシン という、 ニンニクや玉ねぎに多く含まれる物質。


まさに免疫アップ 疲労回復 ストレス緩和に タイ料理じゃん。



と、散々っぱら、 菜の花祭りを持ちあげておいて、

今月29日のレッスンは、 既に満席になりました。

他の日程をご希望のかたは、 2名さま以上のお申し込みにて、 ご相談に応じられるかもしれません。



そして、 3月のMONTHLY LESSONSも既に募集がぼちぼち始まりました。

3月は、カレー、やります。
ようやく体がハーブを欲しているらしい。


3月は、いまのところ、6日か20日の日曜日に是非!とのお申し込みをいただいております。
この日程に乗っかりたいかた、 ご連絡下さいませ。

お申し込みは、こちらからね。
[PR]
Commented by kakinotanemo at 2016-02-23 13:08
美味しそう!
日本の春な話題を見ると、なんだかわたしも軽やかな気分になります。
こっちは、ジワジワと真夏に向かっていますけどね・・・。
「ワルな料理。」、、、菜の花食べたい!
そして、このネーミングのセンス、粋ですね~。
わたしは salaisaraさんの御料理のファン(見てるだけだけど。。。)だけど、それ以上にその言葉のセンスが大好きです。
Commented by salaisara at 2016-02-23 13:14
kakinotanemoさん。ほんと、日本の春は、浮かれますよね。で、東南アジアの春は、うだりますよね。(笑) 

ネーミングのセンス、ありがとうございます。 そうですね、うちのお教室、「ブログ面白いから、きてみました」という生徒さん、結構いらっしゃるようです。ここはアタシ・ワールド炸裂ですから、これからも好きかってに書かせてくださいね。
by salaisara | 2016-02-19 15:03 | 肉料理 | Comments(2)