続・ 味が好きだから。 うちのレシピのその先に。

1月のmonthly lessonsでお教えしている、
プラー・ペ・サ(ちょっと辛くて酸っぱい、魚ナベ)。

e0159569_945362.jpg




切り身のタラを使って本来の作りかたより 大幅に簡単な 1人鍋からできる 作りかたでやっていますが。


生徒さんから 嬉しい連絡がきたので、 ご本人の承諾を得て、 ご紹介。





「只今、家でタラペサ中。 しめは サイ(入れる)・ウンセン(春雨)、豆腐でござる。 
○○○○ 汁(すいません、ここ、企業秘密)も いいですね!」

「いつものタラちり鍋が ○○○○汁で タイの味に。
油不使用、しょうがでぽかぽか。
プラー・ペ・サのイメージがいい意味で崩れ、 仕事帰り、深夜のご飯の定番になりそうです。」

とのこと。

はい、この生徒さん、 飲食のお仕事されています。
タイ料理にも、かなり精通しておられます。
それでも、習いに来て下さって、 美味しい~、 と、作ってくださっている。

センセー、うれしうございます。


e0159569_9294893.jpg


うん。
うちのレシピが 終わりじゃないんです。

レッスンの試食中でも、このお鍋について。
「うちの主人、○○○が苦手だから、 代わりに○○にしても いいかしら?」
「あ、それ、いいですね!」

レッスンでは、このお鍋は、 センセーが大好きな白菜 魚メイン ということで、作っていますが
春雨にスープ吸ってもらってもそりゃー美味しいし、
豆腐入れて、 「タラチリ・タイバージョン」でもいい。

レッスンでは タイ食材店で購入した ある素材を使っていますが、
日本の○○○○ の汁を入れても 謙遜なく美味しい。


うちのレシピは、 SALA  ISARAで、
味は、本場タイのそこいらのお店よりもちゃんと美味しく、
でも、 「この作りかたで作ったほうが 日本のシュフ的には絶対にいいよね」という作りかたで
お教えしていますが。

生徒さん同士で 試食しながら わいわい「これ入れても美味しいよね!」みたいに言い合って、

それで、おうちでは、その生徒さんが一番美味しいと思う作りかた、食べかたをしていただく。

普通のスーパーでお買い物して、
「あ、この材料が安いから、今日はタイ料理にしちゃう?」と、
仕事帰りの 夜中でも、ぱぱぱーっと作って、ほっこり食べられる、ヘルシー料理も、 提案しております。

・・・・ も?

ふふふふふ。 そりゃーもう、がっつーっと、タイのハーブや調味料を駆使したお料理も、
油は使ってなんぼよー!な ハードなお料理も
やっていきます。
今後のスケジュールを お楽しみに。



タイ料理、 多分、大多数の人が思う以上に、 かんたんに、 
ポイントさえ押さえれば、 大多数の人が思う以上に 美味しく 出来上がります。


レッスン参加に際するお問い合わせ等は、こちらより お願い致します。

シャイなあなたは、 Facebookページでの 「いいね」クリックも、お勧めしとります。


2月以降も、よろしくでございます。


2月のれっすんは、

あ、 もうすぐ、平日の先行予約が終わると思いますが。

土日は、 
13.14日、 20.21日は、 募集中です。

2月は、肉と菜の花祭りです。

メニュー詳細は、こちらより ご確認の上、
「この日に 祭り参加」のご連絡いただけたら嬉しいです。




[PR]
Commented by なおみっち at 2016-01-26 23:48 x
今宵はたらペサ、タマダーでござる(笑)
ぺ = 白、サ = 煮る、が語源では?と考察しておりました。中国や韓国の言葉がサッパリ解りませんが、機会があれば質問してみます。
Commented by salaisara at 2016-01-27 15:57
なおみっち。 タラペサ・リピートありがとう! ほんと、私も今日もレッスンで作ったけど、美味しいね。(笑)

そうだよね、チュウカ系なら、チュウカな名前でそのまま入ってきた説が有力打よね。私も地道に調べて、また何か分かったら連絡するね。
by salaisara | 2016-01-26 10:05 | シーフード | Comments(2)