日本で作ったほうが、安く、キレイに、作れるかもしれない タイ料理

e0159569_1731746.jpg


12月はプライベートレッスンも  「粉まみレッスン」や「肉まみレッスン」等、お申し込みいただいておりますが、

monthly lessonsも 始まりました。


今月は、 冬休みのお子様方とも一緒に作って食べられるような、
「瞬殺料理」を 2品と、 

年末年始にお客様に「おおう!」と びっくりされるような 豪華で美味しい 「The,宮廷料理」を1品、
作っています。


ねー。 冬休みよ、もうすぐ。 早いわー。



ね。 冬休み。

子供が辛いもの食べられないからタイ料理が作れない~ 食べられない~

なんてこと、これっぽっちもないですよ、奥様。


e0159569_1711127.jpg


カオパット(チャーハン)なんぞは、いかがでせうか?


今月は、ちょっとグレードアップして、 カニチャーハンにしております。


日本はいいですね。
カニ缶っていう、便利なものがある。

少なくとも、アタシがタイで教えていた頃は、タイにカニの缶詰なんて、なかった。
市場で 料理学校のスタッフが ほぐし身を調達してくれていたので作っていたか、
食べたい時には、それこそ、シーフード屋さんで注文していた。

でも、日本では
もう、カニ缶あれば、 怖いものないですよ。
しかも、安い、紅ずわいガニのほぐし身が、 一番見た目の色合いがいい。

そして、カオパット自体、フライパン1つで ばばばー っと作れちゃいます。 
しかもタイ米、 コツ要らずで 汁ごとバックリとカニ投入したって、 ぱらっぱらのチャーハンになる。


そしてそして。
辛いの大好きなママには、 「大人の魔法」もお教えします。
仕上がりが同じ味付けでも、「大人の魔法」をかければ、 たちまちディープな辛いタイ料理になる。


今月は あと、15日(ぎりぎりですね)と、
27日に 開講が決まっております。

その他の日程は、 黒子月間の仕事日にぶち当たらなければ、 極力開講させて頂きます。
2-4名で開講いたしますので、 忘年会ランチを タイ料理のレッスンで、とか、いいように使っていただければと思います。

受講ご希望のかた、 お早目のご連絡、お待ちしてます。


[PR]
by salaisara | 2015-12-09 17:24 | ごはんもの | Comments(0)