お子様方に アジアのスープを飲み比べていただく件について。

すいません、 暫く更新あいてしまいました。

昨日は、 親子ワークショップでセンセーやらせて頂きました。



e0159569_923963.jpg





いや、久々の更新で、鶏がらは怖いだろ。

出すならこっちの画像ですね。
e0159569_934303.jpg



e0159569_937889.png



前回の 日本のお出汁の会につづいて、今度は アジアのお出汁の会。

タイの汁麺で使う鶏がらスープと、 ベトナムのフォー・ガーのスープを作りました。
で、お米の麺(クイッティオ)茹でて、いろいろな調味料やハーブをのっけて、好きなように頂くというスタイル。

それにしても、前回。
もう、日本のお出汁への 子供の食い付きがすごすぎて、
かつ、片岡知香子先生の後で しかも、エスニックって

センセー、 なかなか無謀な挑戦だったのでは?


いや、多分、そんなことなかったです。

e0159569_10101085.jpg

幼稚園生から小学校4年生ぐらいまで、
ハーブの香りに興味津々だったし、
スープも、 お塩も入れないまま味見してもらったら「おいしい~」とのコメントまで頂いたりして。


もちろん、特に幼稚園年少さんくらいの子で、 ハーブがいや!という子は、割合的には多かったです。
(モンテッソーリ教育で、 感覚の敏感期 といっているやつです)

ハーブの苦手な子は、ハーブ入れなくても、塩味で十分美味しくいただける。

しかも、お米の麺は、グルテンフリー。
100パーセント天然素材で、でも、お鍋にお任せ で作ったスープは、体にもいい。

説明しながら、
「なんだ、アジアのお出汁、すっごくいい奴じゃん!」と、 センセーも再認識しました。


お母さん達も、「鶏がらのハードルが下がりました。家でも作って見ます」というコメントをたくさんいただけて、よかったです。

それだけでなく、今回一番センセーが印象深かったこと。

子供のワークショップの付き添いだったはずの お母さん達が、 「こういう味、欲していたのよー!」と、
ナムプラーや唐辛子やパクチーやらを、 本当に幸せそうな顔でトッピングしていただいていたこと。


そうです。タイ料理は辛いだけじゃない。
ベトナム料理=草もろもろがなければいけない
っていう訳でもない。

ベースになる スープをきちんと作っておけば、
個人個人で好きなように味付けが出来ること、 
アジアの汁麺のいいところなんです。


今回ご近くから遠くから、参加下さった皆様、 おうちでもどうぞ美味しいスープを作って
いろいろ役立てて下さい。




 その延長で、お母さん達、ワークショップで飽き足りなくなったら、レッスンに来て下さい。


はい、以下、ご連絡です。



1 9/30-10/4、 サミットストア全店舗で 「秋の美味しいレシピ集」が配布されます。
  1枚ずつの、ぺろっと取れるほうのレシピじゃなくって、冊子になってます。
  そこに1つ、秋鮭を使った、和~エスニックの間くらいのレシピを出させていただきます。
 お近くにサミットストアがあるかた、 是非ゲットしに行ってください。


2 9月のMonthly lessons, 現在引き続き募集中は、
 9/27(日)と、 9/34(日)です。 
9/34って。。。。はい、10/4です。 
かなりステキな事情で 9月のメニューでの受講希望が出ましたんで、喜んで開講します。

これらの日程に乗っかってみたいかた、 お問い合わせお待ちしております。



[PR]
by salaisara | 2015-09-14 10:33 | ごあいさつ | Comments(0)