健全なお粥、 

e0159569_13415959.jpg

3月のmonthly lessons、 快調に開講中。

とはいえ。 今月は、お粥。
お粥って、 なんか、地味?



例えば。 

e0159569_13435111.jpg

カオトム・クン(エビ粥)は、今月は、こういう状態でテーブルに持って来てしまいます。


でも、大丈夫。

e0159569_13494772.jpg

トッピングが色々ございまして。

これらをお好みで色々のっけますと。

e0159569_1351029.jpg

決して病気のときだけじゃない、むしろ元気な時に食べたい カラフルで美味しいお粥になります。


今月このカオトム習った生徒さん、
「タイ米でお粥って、どうなのよ?と思ったけど、 すごく美味しい! これからはお粥はタイ米ですね!」
と、カオトムに開眼した方が続出しました。


アタシもレッスンになって久々に作ったけど、 本当に美味しい、カオトムさん。


作り方を大幅にはしょって お茶漬けにしちゃうと、 世にも恐ろしい形状になるので
くれぐれも ご注意くださいませ。


・・・・何が恐ろしいかって。 ご想像にお任せします。





そうそう。カオ(米)を煮る(トム)と書いて、カオトム。

今月は、エビをのっけた、豪華なカオトム にしましたが、

元々は 白粥で作って、 後で豚肉だの魚だのエビだのを加えて ハーブ類を散らしてサーブします。
シーフードレストランでは、 白粥で出してもくれます。

タイで ちょっとレストランのメニューづくりなどの仕事のお手伝いをしていたところで、
タイ人オーナーのお嬢様が「晩御飯に お粥たべにいこう」と誘って下さったのがシーフードレストランで
蒸し魚とか炒めものとかをチマチマつまんで「あれ?お粥食べにきたんじゃなかったっけ?」と思った頃に
白粥が出てきて、 空芯菜炒め(パクブン・ファイデーン)とかと一緒にさくさく食べたことがありました。



また、タイで2軒目に住んだアパートでは
空芯菜を買ってくると必ずアパートの掃除のおばちゃんがニヤリとして
「きょうの晩御飯は、カオトムか?」と聞いてきた。

白粥と空芯菜炒めは、 マストな組み合わせらしい。


ちょっと安いホテルの朝食では、カオトムか、 パサパサのトーストかのチョイスで、
そりゃ、パサパサのトーストとゼリーみたいなジャムよりは、 カオトムを頼むよね、と、
丼いっぱいのカオトムをサクサク食べていた。


ってなかんじで アタシの中では カオトムは 健全な食べ物のイメージがある。

じゃあ、不健全なお粥って、なんだ? というと。


また話しが長くなるので、次にがっつり書いてみます。




[PR]
by salaisara | 2015-03-23 14:23 | ごはんもの | Comments(0)