新しい おばあちゃんの味

e0159569_17362016.jpg
この、冬場の お野菜が高い時期に、ワンサと野菜を扱えるというのは、大変嬉しいことであります。


1月のmonthly lessons 順調に開講中でございます。


チェンマイ在住経験者のお墨付きを頂いた、安定の美味しさのカオソイ
タイ料理を方々で食べまくっている生徒さんから「今まで食べた中で一番爽やか」といわれた、ナムプリック・オオン

それらに隠れてしまうのを覚悟で、センセー、「おばあちゃんの味」を一緒にお教えしています。 





e0159569_17280905.jpg
トム・チャプチャイ という、野菜と肉、厚揚げの お醤油煮込み。

アジア中に兄弟のいる、このお料理(料理についての説明はこちら)。

予告どおり1月のmonthly lessonsでは、 お鍋から溢れんばかりの野菜煮込み、作っております。
そして、 すごい勢いで消費されております。



この料理、初めて食べたという生徒さんも多かったのですが。

「ほっとする味ですね」
「おばあちゃんが作ってくれたっぽい」

などの 温かいコメントを頂き、 「ほっこりタイ料理」に堂々と認定されていました。

ほっこりした味で、全然辛くなくても。
お味はばっちり タイ料理です。



そういえば。

小人先生のお稽古の待ち時間の「待ちママトーク」にて。

あるお母さんが下の子を出産したときに、実家からおばあちゃんがヘルプにきてくれて、1ヶ月くらい、ご飯を作ってくれたそうな。

「かぼちゃやお芋の煮っ転がしみたいな、まさにおばあちゃんの料理が毎日出てきて、 ちょっと上の子が戸惑っていた」
と、教えて下さいました。


そうだね。
今のママのお料理は キレイでカラフルで、 盛り付けもオシャレだったりする。


でも、 お野菜を茶色く煮込んだ料理も、「おばあちゃんの味」から、だんだん「お母さんの味」になり、 それが子供に受け継がれるべきなのな。


そして。

タイ料理教室で作ったタイの味でも、 「おばあちゃんが作ってくれた味」と思えるような、共通性がある。
(多分、お醤油系調味料のお陰とみた)


センセーは、 タイ料理でも「なんか懐かしい味」と 
おうちでも、気軽に作ってもらえるようなタイ料理を
たくさん皆さんに知ってもらいたいです。


e0159569_18231922.jpg
和食器にも違和感なく収まる ほっこり料理。


お味は、 ばっちりタイ料理ですけどね。


という、 1月のレッスンは、31日が最後のレッスンです。
参加を検討されている方、お問い合わせ下さいませ。

それから2月のレッスンの募集もぼちぼち始めました。
2月は皮からにくまん 作ります。
HPにて 随時開講日程をアップしていきますんで、ご参照くださいませ。





レシピブログに参加中♪







[PR]
by salaisara | 2015-01-23 14:30 | 野菜・サイドディッシュ系 | Comments(0)