狂気の秋バージョン



10月のレッスン、 ざくざくと スケジュール消化中。

e0159569_09405195.jpg
今月は、 揚げ物三昧、パクチー三昧、秋満載で お送りしております。

レッスン初日、激しいパクチーラバーズ(略してパクラバ)から 
こんなにパクチー食べられるのに、香りが飛んでもったいない」とのご意見を頂いた パク天も

回数追うごとに、「これはこれで美味しいよね」というご意見も聞かれるようになり。

でも、
「特に、 パク天にかけた  が 美味しい♪
というご感想も頂き、

今月は、(先生の気分や気候によって)バリ・ソルトか弓削塩をパク天にふりかけていたので
嬉しいにはうれしいのですが。

塩が美味しいって、 おい、塩、ヤムのたれ以上に 作ってないし。








今月は、お菓子もレッスンで作っています。

タイのお菓子は 結構作るのに時間がかかるものや、 材料が「それ、業者じゃないと無理!」なものもあったりして、
MONTHLY LESSONでは余りやらないのですが。

今月のようにパク天とか、オマケの料理がつけられるときには
比較的簡単なお菓子をレッスンでお教えしています。

今月はこれ。

e0159569_13300251.jpg
本当に、素朴な、焼きっぱなしの ケーキ・・・・らしきもの。

カノム・バービン という もちもちケーキ。
ココナッツがたっぷり入った、東南アジアらしい焼き菓子です。

昨今、米粉のふわふわのケーキとか、 小麦アレルギーの方向けなどに、流行っているみたいですけど。

このお菓子は 膨らませる意思など、1mmたりともありません。

安心して、ぐるぐる混ぜて、作ってみてください。
お子さんと一緒に作るのもいいと思います。
ものっすっごぉく、簡単です。


で、この บ้าบิ่น(バービン)

という意味ですが。

初めて辞書でこの言葉にぶち当たった時、 背筋が凍りました。

だって。

「狂気」 と 出たんですもの。

狂気のお菓子って、何だ!!!?

ここで、意味について追求することをやめてしまい、 ついでに今まで記憶からすら封印されていた らしい。


また、今月になって「バービンの意味は?」と問われ、 何かが気になり辞書を引いてみたところ

「せっかちな」という意味が出た。
(他に、無謀  という意味も出てきた。


せっかち といわれれば、このお菓子は作る工程がものすっごく簡単で、せっかちな人でも作れるかもしんない。


狂気のお菓子 改め、 せっかちなお菓子 ということで、とりあえず美しく〆ておこう。


・・・・

美しく? は、 ないなあ。


e0159569_09350209.jpg
何しろ、見た目が地味すぎる。

地味すぎるので、 センセー、今月は この せっかちなやつを、 オシャレにデコってみた。

e0159569_13424583.jpg
                             どうよ?


作りおきの 栗渋皮煮と、作り置きの 金木犀のシロップ漬け。 日本の秋 満載よ。
せっかちでも、 作りおきでデコる位の時間はとれる。


なお。
タイでは、普通、こんな風には出てきませんので、 ご注意くださいませ。


そして、 デザート含めて 改めて 今月のイチオシをうかがったところ、

「ヤムのタレ改め、 デザートにかけた金木犀シロップ!
とのご意見も頂きまして。

おい! それ、教えてないし。





さて、来月は、 里芋の炊き込みご飯、作りますよー。

だいじょうぶ、うち、タイ料理教室です。 里芋も、タイ料理になります。 
気になる方は、是非レッスンにご参加くださいな。










[PR]
by salaisara | 2014-10-27 09:57 | お菓子(カノム) | Comments(0)