パク好きには物足りない。

e0159569_17060845.jpg
今月は 遅いスタートながら(というか、大体、月の半ばくらいからか)、monthly lessonが始まりました。

・・・夏と違って、だんだん、材料の彩りが地味になりつつあるなあ。





材料の種類は少なくなってくるものの、

今月は、 これ、 大量に仕入れてきました。

e0159569_17090548.jpg
この回のレッスン時には、 立派なパクチーを知れることが出来て、

生徒さん一同、 うっとりと「すごいですねー」「立派ですねー」と、 口々につぶやいてくれました。 うっしゃ!



そして、今月はこのパクチーさんの大半を どうしたかというと。


9月にテレビで作らせて頂いた、 パクチーてんぷら、 略して「パク天」。

生徒さん方からも、「食べてみたい!」(決して、作って見たい ではなく) とのリクエストを頂いたので、
10月のレッスンで「オマケ」として みんなで作ってみたのですが。



e0159569_17143520.jpg
生徒さん方が、 みんなで力を合わせて 大量に作った パク天たち。
油の温度にもめげず、 衣で手がべたべたになろうとも、へこたれず、 出来上がった たくさんのパク天。



美味しかったわよ。 美味しいのよ。 
この回も、 この大量のパク天、きれいになくなったのよ。
1人3パク天くらい 食べていたのよ。

でも。ね。

生徒さん達のご感想は、 

「もっと、パクチーに主張してもらいたかった」
「こんなにたくさんのパクチーを一度にたべれれる幸せを、 あの香りで表現してもらいたかった」



。。。だよね。解るよ、ええ。

でもね。





e0159569_17221642.jpg

そもそも パク天は、 パクチー苦手な御嬢さん方の為の 克服料理として編み出したものでありますから。

 ヤムとかに、にこにこと、愛おしげに パクチーをありったけ、山盛りのっけちゃうような、パクチー・ラバー達にとっては
そりゃー、物足りなかろうよ。


いいんです。 パク天は、今月の「おまけ」なので、 あと3品、がっつり作ります。




あ、そうそう。

うちのレッスンには、時々「パクチー苦手だけどタイ料理は美味しいと思って。」と、通われた方、複数名おりまする。
ご希望によっては、ある程度のパクチーは 抜くことは可能です。
でも、通っているうちに、だんだンパクチーを克服しました。

パクチーに憧れをもたれている方、 どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。



e0159569_17294146.jpg
そうして、 今日もパクチーは 見事に根っこだけになりましたとさ。

根っこも、 センセーは捨てませんよ。冷凍しておいて、また美味しい料理に使うのさ。

ビバ・パクチーラバーズ。






 



[PR]
by salaisara | 2014-10-17 17:47 | 野菜・サイドディッシュ系 | Comments(0)