酵素の力

e0159569_13532230.jpg
あっという間に パイナッポー・レッスンが残り1日となってしまいました。

今月は、チャーハンがメインのくせに、脂少な目でお腹がもたれず、
連日レッスン続きでも体調は絶好調でございます。








パイナップルには ブロメラインという、強力なたんぱく質分解酵素が入っています。

だからなのか、タイでは食後にパイナップルとか、同じ消化酵素が含まれているパパイヤを食べるといいといわれています。


なるほどね。たんぱく質分解酵素。
お腹がもたれるのを嫌うタイ人、果物で消化を助けるわけね。

そして、このたんぱく質分解酵素が、お肉も柔らかくするのね。


が!


調べていると、必ずといっていいほど、書いてあることがある。

「ブロメラインは 熱が加わると酵素作用がなくなる」



えー?

e0159569_17030702.jpg
今月、せっせと 豚肉とパイナップルの煮込み(ムー・オプ・サッパロット)を作っていますが、
レッスンの調理時間の、大体毎回30-40分程の煮込み時間で、 ちゃんと ほろっと、柔らかくなります。

パイナップルとお肉だけ、ですが、 ご飯によく合う甘じょっぱい、でも、パイナップルも一緒に食べると甘酸っぱさも楽しめるお味で、ご飯が恐ろしい程進むお料理です。

美味しいよー。パイナッポーで、お肉ホロリよー。
今の日本では、パイナッポーはほぼ通年手に入りますんで、オーダーメイドレッスンでも承りますよー。



パイナップル料理ネタついでに。

酢豚のパイナップルが、本当に肉を柔らかくする為に入れるかというと、
今まで散々っぱらお肉とパイナップルを煮込んだセンセーが考えるに、 

お肉を柔らかくするのではなく、一緒に食べて お肉の消化を助ける意味合いのと、 甘酸っぱいパイナップルの風味が酢豚のソースに合うからじゃないかしらん?

ちなみに、日本ではじめて酢豚にパイナップルを入れたのは、 「南国酒家」さんと言われているそうです。


タイにも「プリアオ・ワーン」という、 酢豚のパクリ風な料理がありますが。

(タイで通訳していた頃の写真をひっぱってみた)
e0159569_17343402.jpg
こちらも、ちゃんとパイナッポーが入っています。 
このお料理は、お肉じゃなくってお魚を揚げたものをトッピングしています。ご興味ある方は、お教えできます。

・・・・この料理については、センセーは本場中国のやつのほうが断然好きだけど。(汗)

なので、(?) 来月のレッスンは、プリアオ・ワーンじゃないけれど、シーフード三昧のレッスンです。


5月のメニュー

クン・オプ・ウンセン (エビの春雨蒸し)
ゲーン・チュー・サラーイタレー(岩のり入りクリアスープ)
プラー・ラート・プリック(揚げ魚の甘酢あんかけ)

シーフードレストランの人気メニューかな?

多分、皆様の本命は、エビ春雨と予想。美味しいよね。
 センセーのお勧めは、お魚の甘酢あんかけだな。

シーフードのメニューを増やしたい方、ご興味がございましたら、hpよりお問い合わせ下さいませ。

 









[PR]
Commented by garandee at 2014-04-23 10:37 x
お忍び一時帰国から戻ってきましたー。
(南国人には)寒いからね、遠くには行かず、ほぼ実家周辺をにいりびたり。(笑)
ピーナッツが3歳になったら、レッスン参加できるかしら?
パイナップル、、、、こっちの堅いお肉を柔らかくするために芯などをお肉の表面にスリスリしています。
びっくりするくらい(たまに繊維が解けてる!)柔らかくなるよね~。
でも、パイナップル+炭水化物(ご飯、ピザ)は苦手なんです。
海老春雨に一票!(笑)
Commented by salaisara at 2014-04-24 15:11
garandeeさん。 つかの間の日本の春、楽しめましたか? レッスンは、いらっしゃれる時に是非!というか、そちらに遊びに行った折にでも、一緒に作りたいですねー。(現実逃避中)

やはりパイナッポーはお肉を柔らかくしますよね。 

パイナッポーチャーハンは、もしかしたらお子様の受けはいいかもしれません。 甘いし、うちの小さい先生は1人でパイナッポー・カップでがっつりチャーハン食べていました。
Commented by b_nomad at 2014-04-30 15:46 x
パイナップル乗せハンバーグなんか、もうライスプディング並みに拒否反応を起こしていたワタクシですが、パイナッポーカップに入った豚肉の煮物みて、普通にオイシソー♪と思ってしまいました。パイナッポーカップはビジュアルもよろしくて♪

モロッコで、ドライフルーツの入った煮物とか、粉砂糖が掛かった鳩のパイなどを食べてから、フルーツ(甘味)x肉の組合せ許容できるようになりましたぞ。

アタシもいつかレッスン参加できたらいいかも。←すごい進歩だ(笑)
Commented by salaisara at 2014-05-02 13:43
nomadさん。わはは。確かにプルーンとビーフのタジンと同じ雰囲気の料理ですよね、豚肉パイン。 本当に生パインをお肉の煮込みに入れるとお肉が柔らかくなるから、ためしてみてー。 
by salaisara | 2014-04-22 13:42 | 肉料理 | Comments(4)