不動のおいしさ/期間限定レッスンメニュー

今月のレッスンのメインは。

e0159569_14422535.jpg

とりめし。
タイ語では ข้าวมันไก่  カオマンガイ といいます。
チュウカ系の、タイ人も大好きなメニュー。







これ、タイ時代のレッスンから、普段のランチでお友達に振舞ったのやら、 一番作った頻度が高い料理だったのかもしれない。

それくらい、人気のあったメニューです。


習いどころは、タレの調味料の配合だけど、これ、なかなか普通には、何が配合されているのか推理しずらい。
ゆえに、これが美味しく作れる人は「お料理上手」と思われても仕方が無い。 

うちの配合は、自分で言うのもナンですが、 タイのそいじゃそこいらのお店のやつよりよっぽど美味しい!と、よく言われます。


今回習われた生徒さんの中には
「どこぞやで振舞われたやつが、 余りにトリ臭くて、どうしても食べられなかった」という苦い経験をもたれておりましたが。

うちの作り方は、トリ臭くさせません。

美味しくってお代わり続出ですが、実はご飯を炒めてから炊いているので、あっさりした面構えのくせにカロリー高いです。
その辺は、各自自己責任で。


・・・・・


それほど自信作なら、 3年に一度といわずに、もっと頻繁に教えろよ という話しにもなりますが。

お教えするとなると、 夏じゃないと、お教えする気にならないのです。

なぜかというと。

e0159569_15305068.jpg

カオマンガイには 冬瓜スープを添えないと、頭の形に合わない鬘すわりの悪い椅子に座ったような気持ちになるのです。

いや、タイの屋台では、こんなにガッチリと冬瓜入っていませんし、
かわりに青菜の漬物のきれっぱしがひらひら浮いている程度のスープがついてくることもありますけど。


ご飯と味噌汁
パンとスープ
ホブスとハリラ

カオマンガイには冬瓜スープ。


今月、急遽カオマンガイ・レッスンに切り替えた理由の1つに

スーパーに買い物に行くたびに 冬瓜に「買ってくれー。スープにしてくれー」と、呼ばれていた気がしたという理由がありまして。


恐るべし、日本の冬瓜の暗示力。




[PR]
by salaisara | 2013-09-17 15:49 | ごはんもの | Comments(0)