今頃になって美味しいと思うもの その1。 英語名にヨロメくセンセー。

6月のレッスン、センセーの予想以上のご好評を頂きながら、着々とスケジュールが消化されております。

・・・・・予想以上って。

そんなに自信なかったのか、センセー!?

いや、そういう訳じゃなくって。


今月のレッスンでお教えしている料理、どれもこれも、今まで、当のセンセーの中で、タイ時代から既に「この料理、ハードルたけー」と思っていたもんだからです。


その1つ。

e0159569_22342578.jpg

クン・ホム・パー という、エビ春巻き。

タイ語の意味は クンがエビ、ホムがくるむ、包む という意味で、パー が布。
この、ホムとパーと逆にして ผ้าห่ม となると、毛布という意になることは、どこかで調べて知っていた。

ということは、 直訳すると、 布でくるんだエビ?



ぶっちゃけ。

タイに居た頃に、これ食べて 美味しいと思ったことがなかったとです。






なんかさ。

タイ舞踊とかみながらディナーみたいなところで、セットで出てくる、「揚げ物だけかいっ!」という感じで出てくる、冷めた状態のもの というイメージが深く焼きついてしまいまして。


ただ、エビを春巻きの皮で包んで揚げただけジャン というのが、 習ってみたレシピについての感想。



でも。
最近、ちょっと調べものがあって、英語、タイ語のレシピ本を色々読んでいたら


「กุ้งห่มผ้า goong hom pha (prawns in blankets)]

と、出てきたじゃないの。


イン・ザ・ブランケット なら、作るしかないでしょ。


レッスンでお教えしているのは、簡単に作れて、揚げたてをさくっと食べるとビールに合い、冷めたやつならお弁当にも入れられる、 美味しいレシピです。




ところで、 この in blancket  という言葉で、

私は、思わずこれをイメージしたのですが。





生徒さんの中には、 ボンジョビっぽいと。



なつかしや。


???
いや、一般的にボンジョビっていったら、こっちか?




いや。

日本で爆発したのは、この ウホウホウホウホ♪だよね。



・・・・この順番は、多分私の中で、まずよみがえった歌であり。
ボンジョビ・ファンの方、ごめんなさい。

とにかく。

私が高校時代は、いきなり洋楽が流行りまくりました。
なので、生徒さんの中にはボンジョビを知らない方もいらしゃり、改めてジェネレーションギャップを感じてしまったり。




ついでに先月のレッスンでは 、ボンジョビが、こんな曲も歌っていたんだ と話題になりましたが。

あんまりボンジョビっぽい曲じゃないよねとかいうご意見も。


・・・・うち、お料理教室ですよ。
ちゃんとやってますよ。





[PR]
Commented by b-nomad at 2013-06-19 00:15 x
懐かしいのう。Bon Jovi。ウホウホ~に至っては当時ビデオ流れ過ぎてて、今でも同じ振りができますわ(笑)特にファンではないのですが、生も何度か観たことがあり、えー。彼ら、日本からブレイクしたもんで日本が好きなんですわ。

くるくる巻きエビでそうきたか。恐るべし(笑)
Commented by salaisara at 2013-06-19 10:34
nomadさん。さすがはロックな姐さんだ。 ウホウホで解ってくれて嬉しいです。 

実はレッスン中にボンジョビが出てきたのは先月からでして、私が最近気に入っている「東京ローズ」という食材店が「TOKYO ROAD」とかぶったところから、ずっと引きずっています。 ・・・いや、うち、料理教室ですよ。しかもタイ料理。(大汗)
by salaisara | 2013-06-16 16:29 | スナック・前菜系 | Comments(2)