おうちで作るもの?

12月のレッスンでは、麺メンさんのスープを2種と、
麺めんさんの上にトッピングしたもので 3種類ということにしてお教えしたのですが。

e0159569_16375868.jpg


いや、これには少々理由がありまして。



この、ルークチン(つみれ)さんですね。
e0159569_1640410.jpg


タイで教えていた当初、日本から来られた生徒さんがた、バンコク駐在の奥様生徒さんがたが、口をそろえておっしゃいました。

タイの屋台の汁麺が美味しいから、習いたいのですが。

中でも、つみれ入りの麺を、是非習いたい。

むーん。気持ちはわかる。よくわかる。

でも、師匠にその旨を伝えても、スタッフにお願いしても。
答えは一貫して

「つみれなんぞは、買ってくるもんに決まっているだろうが。」

むーん。 そうですよね。よく解る。
日本人が、自分ではんぺんやかまぼこをよう作らんのと、同じである。


しかしですな。そこが、料理オタク。

お正月の伊達巻くらいはタイの魚でも作っちゃうのであります。


そこを何とかー! つみれをお教えくだされー! と、何度となく懇願したところ。

魚のつみれはよう教えんが、エビのつみれ、しかも前菜としてなら教えようと、相成ったわけでして。



それが。 これ。

e0159569_1640410.jpg


麺のトッピングの「具」としてなら、全然OK.

しかし・・・・前菜として となると、そのまんまとは、いかんじゃろ。



ということで、 魔法をかけました。

e0159569_1652947.jpg


卵の黄色と白。それからパクチーのグリーンが入っただけで、随分とオメカシ感が出ました。


なお、
毎回レッスンの試食のときに、どの料理が一番気に入ったかを伺うのですが。

この、つみれを単品で一番にあげてくださった方もいらっしゃいまして。



習得してよかったわー。 教えてよかったわー。




[PR]
by salaisara | 2012-12-24 17:00 | スナック・前菜系 | Comments(0)