天かすとは言わないで。/夏はさっぱり。

もう8月になってしまいましたが。

7月に お教えした料理のご紹介が終わっていませんでした。(汗)
e0159569_1512670.jpg

で、これ、何よ? ↑

天かすじゃないっす。






私はこれ、魚フレーク と言っています。

タイではなまずを使うんですけど、
魚の身をモロモロにほぐして、高温の油に放り込んで、揚がったツブツブを網じゃくしでまとめて 上げたもん。

えらく恐怖料理的な手間かかっている割には、 見てくれがカスっちいですね。


でもこれ、さくさくして、でも、魚の旨みも凝縮されて、美味しいんです。
(ちゃんと、成功すればね)

生徒さんの言葉を借りれば
「焼き魚の、端っこのほうの、カリカリしてるけど脂の乗った美味しい所が集まったみたい」
というもの。
(ちゃんと、美味しく作れればね)

e0159569_15154252.jpg

これの使い道は、 こういう風に、このサカナ・フレークがメインのサラダになったりもする。
*画像は、タイ時代に撮ったものを引っ張り出しました。
美味しいんだよ。
(ちゃんと作ればね)


・・・・・
何故、ちゃんとちゃんとを連呼するかというと。
バンコクのレストランでも、時々これ頼んで、「油、悪すぎっちゅーねん! 温度高すぎっちゅーねん!揚げすぎだっちゅーねん!」な、残念なサカナ・フレークが出てきてガッカリしたことがあるから。

今回習った皆さんは、もう、コツはつかみましたね? (にやり)



で、このサカナ・フレーク。
今回、何にのっけたかというと。

e0159569_1555650.jpg

パット・プリッキン という、カレー炒めにのっけましてん。
すっごくシンプルなカレーペーストで、しゃきしゃきインゲンと、アロマァ~な香りのコブミカンの葉っぱの千切りを和えて、魚フレークのかりかりを添えて、ご飯と一緒に食べる。

こう、あっついとさ、 こういう あっさりさっぱり、でもガツンと辛いものが食べたくなります。

嗚呼、夏だねぇ。。。。。





そうそう。
それから。

お知らせを1件、させてください。

先日私がヤムヤム・愛媛でお世話になった、 愛媛県西条市、岩城島の美味しいものが
御徒町の 古民家ギャラリー、 しあん さんの 「まんぷくマルシェ」で登場するそうです。

私が惚れた岩城島の島レモンや 絹かわなすの販売もあるそうです。

e0159569_18594169.jpg


8月4日の17時から、ご興味のある方は、是非遊びにいってみてください。



[PR]
Commented by b_nomad at 2012-08-02 07:49 x
恐怖料理的なのは美味しそうなのが多いですね(笑)
魚フレーク、いい味と食感が期待できそうできになりますねー。
サラダやごはんにナッツとか、うどんやごはんに揚げ玉(天かす)トッピング等、カリカリが乗ってると食欲増すワタクシ♪ こういう時の油は重要だねぇ。
Commented by salaisara at 2012-08-03 09:15
nomadさん。確かに、色々な意味での「恐怖料理」は美味しいです。
魚フレークは、nomadさん、好きそうですけど揚げ物ですから食べ過ぎに注意です。(笑)
by salaisara | 2012-08-01 15:59 | カレー | Comments(2)