茶碗蒸しのような。

月日のたつのは早いもので。

もう6月です。
6月のレッスンも始まっちまいました。(汗)

と。これは、その前の、5月のレッスンでお教えしたもの。
3年ぶりにめぐってきました。


e0159569_1121463.jpg


茶碗蒸し・・・・・の、ような。



タイ語では「カイ・トゥン ไข่ตุ๋น」といいます。

カイの意味は卵、トゥンというのは「湯せんにする」みたいな意味でして。

なので、日本語で表記すると、 「タイ風茶碗蒸し」が正しいと思い込んでいたのですが。

今回お教えした、生徒さんのご感想は。

「茶碗蒸しじゃない」 

ということで。

e0159569_11312599.jpg

何だろ?トマトが入っているせい?ただ切って混ぜて器に入れて蒸すだけ という、簡単さか?「す」なんて、なぁに?という程に、仕上がりに気を遣わない料理だから?
(「す」については、卵が多いせいか、普通にプリン程度の滑らかさ?でせせうか?)

簡単すぎて気が抜けて、それでも、スパイシーな料理に胃が疲れている時などには、本当にほっとする味。

複数の生徒さんが「どんぶりで食べたい」 「大き目の器に、下におそうめんとか入れて、お夜食で食べたい」、実際に「どんぶりに作って、6人家族の食卓で取り分けて頂きました」とかのご意見あり。

それ程に、この料理を知った人はみんな絶賛するのに、
何をどうしても、知名度が上がらない、この料理。

・・・・やはり、穏やかなだけじゃ、駄目なのか。パンチが効かねばタイ料理じゃねー という、感じ?

こんな立ち位置を、俳優さんに例えると、誰になるか? なんていう話題で試食中に大盛り上がりしていた、5月のレッスンでしたとさ。












 
[PR]
by salaisara | 2012-06-04 11:52 | 野菜・サイドディッシュ系 | Comments(0)