好みの問題

試作中のカノム・モーケン(ココナッツミルク焼きプリン)の、緑豆入りバージョン。
何となく、ずっと、こいつの配合などについて、モヤモヤしていたので、最近続けざまにつくっています。

して。
e0159569_17334551.jpg


すいません、これら、2バージョンを約3名で平らげてしまいました。



先日、神戸を中心に活躍されているアジア料理の先生が、東京にお仕事でこられた帰りに、我が家によってくださいました。

そりゃー、試作品を食べてご感想をいただくチャンスじゃないっすか。


・・・・そういうこと?それでいい?(汗)


上記2バージョンの食感の違いは、 タイの「おやつ移動屋台」で売られているような、甘い汁が生地の間からジュワっと出る、エコノミーバージョンと、 もっと濃厚な、モッチリした食感のリッチ・バージョン。



個人的には焼き色といい、濃厚さといい、リッチ・バージョンが好きだと思ったのですが、試食の結果は「現地っぽいのはエコノミー・バージョン」だそうで。


きゅううう、また、悩むのう。。。。。




そもそも、モーケン熱に火がついてしまったのは、とある方からの 素朴なご質問で。

「カノムモーケンとココナッツミルクアイスクリームを、立食できる風にお出ししたいのですが」
というものがきまして。


おうおう、やってみませう ということになりまして。
モーケン作ってみたわけです。
・・・・・と、作ってみたら、作った本人は、立食スタイルうんぬんよりも、濃厚加減が気になってしまったということでして。(大汗)


さて、タイレストランのデザートでも人気らしい、ココナッツミルク焼きプリンとココナッツミルクアイス。

普通、お店とかだと

e0159569_19215642.jpg

こんなかんじ?
*巷のスーパーではココナッツミルクアイスがなかったので、バニラで代用しました。


そいじゃ、カップに入れてみませう。

e0159569_19235986.jpg

こういうの、アリじゃない?


ただ、あんまり色々トッピングしていくと

e0159569_19263619.jpg

プリンの存在感がどんどん薄れます。


むーん。
もっちり加減も、トッピングのゴーカさ加減も、 お好みということかのう・・・・・・?





おまけ。
まみせんせいに試食していただけて、ようやくこのスタイルで作る踏ん切りがついたもの。

e0159569_17395525.jpg

ちなみに こいつは、2月のレッスンでお教えします。

まみせんせー、 雪の中来てくれて、いっぱい食べてくれて ありがとー。また来てねー。



[PR]
by salaisara | 2012-01-22 19:48 | お菓子(カノム) | Comments(0)