牛を食べられなかった人。

今月のレッスンでお教えした料理のうちの2品は、ご飯に合う、簡単料理でして。

e0159569_16591798.jpg

これは、ヌア・パット・ナンマンホイ。 牛肉のオイスターソース炒め。

ご飯に合います。味がしっかりついているので冷めても大丈夫。お弁当に入れてもいいと思う。
これ、個人的にも結構好きな料理で、時々、ご飯のオカズに造っています。


・・・・おべんとう。
お弁当。
そのうち、私も小人のお弁当作りに苦戦することになるんだわ。(汗)


まあ、それは先の話として。

この料理、オイスターソースでしっかり味を入れちゃうので、牛肉も、高級なのは使っちゃいかん。


そういえば、タイの牛肉は、かつて美味しくなかったなー と、教えながら思い出しました。



今から10年以上前の話。
タイで生活しはじめて、初めて、強烈に肉じゃがを食べたくなったとき。
それほどの量は必要としなかったので、量り売りしてくれる市場に牛肉を買いに行きました。

市場の牛肉は、えらく安かったのを記憶しています。
しかも、お店の親父は、「ウシ肉はウマクないぞ。豚肉を買え」と、要らんおせっかいを言ってきた。

いやいや、あたしゃー牛肉の肉じゃがを食べたいのじゃ と、断固、ウシ肉を買ってきて、ウヒョウヒョと料理した。

結果。

そのウシ肉は、固くて噛み切れず、しかも臭くて、とても食べられたもんじゃなかったです。
その後2年くらいは、タイ産牛肉には近寄れませんでしたとさ。

しかし、
市場の親父、美味しくないなら売らなきゃいいじゃん。(怒)

まあ、こういう事、後で分かったのですが、市場じゃなくってスーパーでもよくありました。(爆)


日本では、そこまでキョーレツな牛肉が売られていないから、 肉じゃがだろうとオイスターソースであろうと、特売の切り落とし肉で安心して作れます。

こういう些細なことに幸せを感じられる自分を思うと、人間、色々な経験をしてみるもんだなーと、思います。

・・・しかし、そんな幸せでいいのか、あたし?(大汗)



[PR]
Commented by borarn at 2011-11-30 19:45 x
タイの牛肉、そんなにおいしくなかったのですかぁ。
アメリカは牛肉天国ですが、あまり料理しなかった記憶が。日本で私があまり牛肉を使った料理をしないせいかと。戻ってきたら今度は牛肉が恋しくなるあたり、無い物ねだりだなぁと反省したりしてみました。
Commented by mami41m at 2011-11-30 20:01
タイで牛肉ってそういえば、あんまりお店のメニューにもないもんね。硬いんだ。。。ほんまに牛?(笑)って VNの場合、牛は牛でもほぼ水牛な事が多く、硬くまずい(笑)牛を美味しく食べるためにphoは生まれたのだもの。タイももしや水牛?
Commented by b_nomad at 2011-12-01 17:51 x
牛って育て方で思いっきり違う肉質になるのかしらん?
ウチはもっぱらUSAで、オージーはX。robo的にUSAが一番しっくりくるらしく。あれだけ肉が好きなのに、日本の焼肉は肉が繊細過ぎるのか、全然おいしいと思わないみたいです(汗)
店主が「ウマクない」というの、笑っちゃうな(爆)
Commented by b_nomad at 2011-12-01 17:52 x
あ、↓のパフパフ、機会があったら是非習いたいですっ!
粉モノはホント魅力的ですな♪
Commented by salaisara at 2011-12-02 10:14
borarnさん。そうそう、ないものねだりですね(笑)  ええと、タイの牛肉、数年前から牛乳も含めて、かなりチャンとしたものが流通していますが、昔は、やっぱり水牛だったみたいです。
Commented by salaisara at 2011-12-02 10:15
まみせんせー。 そう、当のタイ人が「牛肉はおいしくない」と言い切りますから。(笑) タイも昔は水牛、しかも、子牛なんて食べるのはもってのほか、働いてもらって寿命が尽きようとしているお方を食していたみたいです。・・・・固いわけだよね。
Commented by salaisara at 2011-12-02 10:24
nomadさん。そうですね、例えば、乳製品なんかも寒い地方の、白黒の方やら、いや、茶色いお方のほうがコクがあるとか、お肉なら黒い方とかというのもありますし、やっぱり暑い所では霜降りになりづらいというか。
店の人に商品を売ってもらえないのは、他にも魚とか貝とかもありまして、この一件があってから、店の人に止められると途端に弱気になり、結局買えずじまいのものもありました。(苦笑)
パフパフは、はい、ねーさん、受けてたちます。是非やりませう。
by salaisara | 2011-11-30 17:33 | 肉料理 | Comments(7)