カリカリ・ルビーに栄光あれ

ちょっとだけ中国クワイを使う料理を作ってしまったので、
残りのクワイちゃんで、タイのデザートを作りました。

e0159569_15545981.jpg

タップティム・クロープ。 

タップティムというのは、ルビーとか、柘榴という意味。
クロープ が かりかりという意。

なかなかステキな名前だと思います。

くわいを小さく刻んで、赤く着色して、くず粉をまぶして お湯で茹でる。
と、さくさくクワイの外にニムニムした膜が出来て、こいつをツルリと頂くというの。

ビジュアルもなかなかイケているし、くわいにそれほどクセもないので、万人受けすると思います。





この、タップティム・クロープ、缶詰のくわいなら結構スーパーでも置いてあったりするし、
作るのも簡単だと思うのですが。

日本では、知名度が低い気がします。

お店のデザートも、「アジア=タピオカ・ココナッツミルク」 ばかりなり。(涙)

タピオカのニムニムが日本女子のハートを掴んでいるなら、
このタップティム・クロープは、ニムニム・プラス・中はカリカリと、2度美味しいんだぞ。



もしかしたら、ただココナッツミルクとクラッシユアイスというのなら、タピオカでいいじゃないかというのかもしれない。



しからば、色々、入れてみようじゃないの。



e0159569_167404.jpg

かりかりルビー・on アイスクリーム とか。


e0159569_1693557.jpg

かりかりルビー・in 冷やしぜんざい とか。(かなり私的にはお勧め。ココナッツミルクを入れてもいい)


もちろん、カキ氷にかければ、氷がチュっと口の中で溶けた後で、にむにむが残って、にむにむを噛んだらカリカリ・クワイが出てきたという、楽しいことにもなるわけで。



タップティム・クロープが、もっとメジャーになってくれれば。

もっと気軽に作れるよう、日本で、もう少し小さいポーションの くわい水煮も出てくれるかもしれない。



・・・・・

要するに。
中国くわいの缶詰が、ちょっと使いに適さない大きさのものしか出回っていないのですよ。(苦)


残りのくわいを消費すべく、中華の炒め物にも入れたりして、せっせと消費してはいますが、
タップティム・クロープが一番サクサク食べられると、せっせと作って食べています。


はい、がんばって、消費します、クワイ。(涙)




[PR]
Commented by mami41m at 2011-08-19 22:21
うん うん。日の目みないお菓子よねこれも。クワイのせいね。絶対そうよ。お正月以外にクワイって食べないもの。ふつーの人は。カキ氷に入れるのいいよね。今度やってみよ。
Commented by b_nomad at 2011-08-19 22:46 x
クワイはお正月の食べ物という認識でした。実家ではクワイを薄く切って揚げてクワイチップスなるものを作ってる人がいましたが、これはおいしいです。

クワイを着色して粉まぶしてって、手が込んでますよね。やはりチマチマ伝統文化なんですね(笑) 食感良さそうだし、アイスもぜんざいも美味しそうです♪
Commented by salaisara at 2011-08-21 14:03
まみせんせー。そうよね、何でだろ?かわいいのに。中華料理ではクワイ使うもんもあるのにね。
それにしても、市販のくわい缶って、お店サイズじゃない?あんなに普通、使えんぞ。(苦笑)
Commented by salaisara at 2011-08-21 14:07
nomadさん。くわいチップスって、すっごく気になります。缶詰の中国クワイでも作れるの?
タップティム・クロープは、手が込んでいるというか、色をつけるのに時間はかかりますが、あとは、粉とクワイを袋に入れてブンまわすのが一番キレイにまんべんなく粉がつきますので、作り方は繊細ではないのですね。(爆)
Commented by garandee at 2011-08-22 14:30
クワシがデザートに!
超激的です。
こちらでは、野菜炒めの具にマスト的なアイテムで水煮缶で売られています。
かりかりルビー・in 冷やしぜんざい、、、ベトナムのお洒落なカフェでこんなのを食べましたよ。
週末、「サヨナライツカ」をDVDで観ました。(原作はだいぶ前に読んだんだけど)
今、ココロはタイに飛んでいまーす。
Commented by salaisara at 2011-08-22 18:10
garandeeさん。おっほう、そちらでクワイは野菜炒めに入れるのですね。 何と、ベトナムでもカリカリ・ルビーがあるのですね!・・・なんか、言われてみればこういうカワユイのは越南のほうが合いそうな気がしてきた。(苦笑)

そのDVDの、原作は一度読んだ事があります。あの物語の重要な舞台の1つであるノルマンディは、それはそれは素晴らしい味とサービスなのですが、あんな所で毎日飲み食いしたら鼻血出過ぎて失血死すると、真面目に庶民的感想を持ったものです。(苦笑)今度いらしたら、是非ランチに行って「サヨナライツカごっこ」をしてみてください。 ・・・・という私は、ふ、フアランポーン駅で香港マフィア映画「無間道2」ごっこはやったことあります。(爆)
by salaisara | 2011-08-19 16:21 | お菓子(カノム) | Comments(6)