料理の名前じゃないのです。

暑いとどうも、辛いもんを食べたくなるので。
e0159569_950171.jpg

昨日のお昼ご飯は、私だけ、ひき肉のバジル炒め。

これ、タイ・レストランでもランチメニューで人気みたいなのですが。
センセー的に、ちょいと不満でもあります。







何が不満かというと。

この料理の名前が、「ガパオ」とかいてあったりすること。 

・・・いえ、分かればいいし、「ガパオ」とか言いたい気持ちも分かるのですが。




e0159569_10241778.jpg

ガパオ(กระเพา/kraphrau) は、この、ホーリーバジルの事でありまして。
しかも、このガパオという発音も、r の音を聞こえないように発音するから ガパオと聞こえるのでありまして。

それじゃー、タイではこの料理を何と呼んでいたかというと。

ผัดกระเพา(phat kraphrau)

パット という、「炒める」という意味の言葉が入って バジル炒めと通じるわけですが。

パット の 最後のtの発音もタイ語では聞こえないように発音するので

聞こえる音といえば

「パッカパオ」って、随分マヌケ・チックな発音になるのな。


むーん、やっぱり日本では「ガパオごはん」とか説明するのが一番なのか。


ちなみに、、このホーリーバジルを炒めたチャーハンもあるのですが、
それは、カオパット(炒めご飯)・ガパオ(ホーリーバジル)・ガイ(鶏)とかムー(豚)いって注文すればバジルチャーハンが出てきます。



そうそう、それから。
ガパオごはんを作ろうと、スーパーでイタリアンバジルを買って作ると。
・・・・・タイの皮をかぶったイタリアンになります。

e0159569_1058165.jpg

ガパオちゃん、ホーリーバジルとは、香りも形も違いますね。

なので、おうちガパオごはんを作る場合は、タイ食材店か、生鮮野菜を扱っている中華食材店などで、ちゃんとホーリーバジルを買って作ってみてください。お店と同じ味になりますよ。






[PR]
Commented by ブチョウ at 2011-07-26 13:01 x
会社の近くのエスニック料理屋さんでは「パカパオ」って名前で売ってます。
でもガパオ=ホーリーバジルを知らなかった頃は、確かにパカパオって言うのが恥ずかしくて頼めませんでした。「これくださーい」みたいな(笑)
Commented by b_nomad at 2011-07-26 20:05 x
この前、ちょっと遠くのホームセンターでブルーベリーの苗を確認してみたのですが、大きくてびっくり。生ってるの見て感激♪ 近くにバジルが5、6種類並んでて、タイのを初めて見ましたよー。味、きっと全然違うんですね。
Commented by salaisara at 2011-07-27 14:14
ブチョウ。こんなマイナーな粘着質的なネタに反応してくれて、ありがとうございました。(笑)そうよね、パカパオは、ちょっと言いにくい。でも、タイでは「今度の生徒さんもさ、パッカパオやりたいって」「へー、日本人すきだよね、パッカパオ。で、パッカパオの、鶏?豚?」とか連発していたわけです。意味が分かっているのと分からずに発音するのって、違うのねー。
Commented by salaisara at 2011-07-27 14:15
nomadさん。ブルーベリー、最近苗が色々売られていますよね。私もびっくりで、思わず1鉢つれて帰ってきてしまったのです。(笑)バジルも、種類によって香りも形も違って面白いっす。ちなみにうちにはバジルが3種、それからレモンバジルの種があります。
by salaisara | 2011-07-26 11:04 | 素材・調味料類 | Comments(4)