日本で作ったほうが作りやすいかもしれないもの。

e0159569_15112395.jpg


もち米を、 蒸してから 潰して。(潰さなくてもいいかもしれんが、一応。)



e0159569_15131141.jpg


型に薄く ご飯を詰めて。(後で思えば、伸ばしてから包丁で切り分けてもよかった。しまった。)


1昼夜ほど乾かして、完全にカラカラにする。

e0159569_15173515.jpg


カオタン(ライスチップ)の、出来上がり。
中華でいえば、「おこげ」です。
蒸したもち米が余ったら、作っておくといいかもです。保存が利きますし。

食べるときには、高温の油で手早く揚げます。


今回、これを作っていて、 思った。

日本の、からからの、冬に作ったほうが素晴らしく作りやすい。
日本、空気もきれいだし。

特に、タイの師匠の料理学校なんて、私が通訳していたころはシーロム通りにあったから、車の排気ガスやらスカイトレインの埃やら、暑さと湿気と塵あくた、おまけに屋台の匂いが充満。

それでも普通にカオタン干していたんだから。

それなのに、今更になって日本のほうが清潔に出来るとか喜んでいるたぁ。
ふ。。。アタクシも、ジャパニーズになったものだ。





[PR]
Commented by b-nomad at 2011-01-18 22:35 x
きゃー、おこげ大好きっ!毎日でもいいなー。
存在自体を忘れかけていました(汗)
揚げ餅、おこげ、もち米の誘惑だわ。
偶に作ってた糒(ほしい)を思い出した~。作ろう。
Commented by borarn at 2011-01-19 00:40 x
おお!!!コレを揚げるのですね。美味しそう。
こうやって作っておけば、いざというときにサッと美味しいものが出せるんだな。うむ、勉強になりまする。
Commented by salaisara at 2011-01-19 10:23
nomadさん。ほしいを作っていたって、忍者ですか?(爆)この冬のカオタン作り、「嗚呼、素晴らしき天然フリーズドライ製法!」と、1人で感心してしまいましたわ。
Commented by salaisara at 2011-01-19 10:35
borarnさん。カオニャオって、結構すぐに硬くなっちゃうから、がりがりに乾燥させちゃうといいですよ。おやつにもなるしね。
Commented by moroccantable at 2011-01-26 11:58
わーおいしそう。日本は毎日寒いですね。
タイに行きたくなりましたー。
by salaisara | 2011-01-18 16:15 | ごはんもの | Comments(5)