秋の南国

最近、めっきり子供ネタに染まりつつある、この、タイ料理ブログですが。

だって。子供の成長が早すぎて。記録しておかなきゃイカンじゃない。
だったら、子供ブログを別に作れというお話もありますが、ブログを住み分けると管理しきれないので。。。。(言い訳)


ということで、がんばってタイ料理の記事も増やしていきます。


e0159569_1450498.jpg


っていうところで、このスイーツは、全然タイっぽくないじゃないか、あたし!



いいえ。
タイ菓子です。
というか、タイっぽく見せたかったら、ミント飾っちゃいかん、アタシ。

カノム・モーケン といって、ココナッツミルクの焼きプリンというべきでしょうか?

・・・・ただし、これは、アレンジ版です。

カノム・モーケン、今までもここここ、それからココでも ご紹介していますが。

本場、タイで一番人気なのは、タロイモが入ったやつ。
しっとりしていて、その上、 激アマ、お砂糖タップリゆえか、シロップがジュワーっと・・・・。(怖)

日本でも、タロイモは手に入らないわけもないのですが、ここは日本の秋の味覚、サツマイモ・バージョンにして、ほっこり、ココナッツミルク入りのトロピカルなスイートポテト風に。
はい、ほこほこして、これはこれで、美味しいです。


そういえば、タイでも、サツマイモ、紫のやつとか白っぽいやつとか、大きいやつヒョロヒョロの小さいやつと、ありましたけど。

ほっこりしないのよね。どうにも水っぽい。その上甘みも少ないときた。
現地では、スイーツとしてじゃなくて、例えばカレー粉まぶしたりして、カリーパフの具とかにしていた。
日本ではスイーツにガンガン使われるサツマイモも、お国が変われば扱いが全然違うということ。


ほっこりおイモばかりが手に入る日本にいると、逆に、嗚呼、タイで、あの水っぽいサツマイモ・バージョンのモーケンを作ってみたかったな、 タロのやつみたいにしっとりしたのかな?やっぱりお砂糖ガッチリ使わねば美味しくないのかな、なんて、妙に懐かしんでしまったりもして。(苦笑)


はい、今月のレッスンのデザートは、この、カノムモーケンが出ます。これから来られる方、レシピもお渡ししますので、お楽しみに。
[PR]
Commented by garandee at 2010-11-26 14:04
こっちのサツマイモも美味しくない、しかも、そう、水っぽくて「ほくっ」じゃなくて「べちょっ」です。。。。
フィリピンにもレチェ・フラン(おフランスっぽい名前ね)っていう伝統的なプリンがあって、それは、ココナツクリームではなく、練乳が入ってます。まっ、同じく激・激・激甘です。タイ料理は、料理が辛かったり酸っぱかったりするので、お口直しに、甘さも嬉しくなりますが、甘めで油っぽい比料理。。。ただ、デブへまっしぐらなだけです。。。
Commented by salaisara at 2010-11-28 21:49
garandeeさん。そうそう、今日も英国駐在経験のある方も「さつまいもがまずかった」というお話をされて、逆に日本のサツマイモが特殊なんか!?とも思いました。
東南アジアのスイーツ、なんかさ、味がはっきりしていないと味覚というよりも、体が持たないのよね。お陰さまで、私はタイに住んでからというものの、朝のコーヒーには砂糖が欠かせなくなりました。
by salaisara | 2010-11-25 15:17 | お菓子(カノム) | Comments(2)