不景気

e0159569_10381635.jpg


これは、私が作ったものではないのですが。
ヤム・ネーム(東北風ソーセージのサラダ)です。
ネームを崩してピーナッツやら刻みショウガやら揚げた干し唐辛子やらスライスしたシャロット(紫小たまねぎ)と和えて、ナムプラー、レモン汁でさっぱりした味付けにして、チャプルーの葉っぱ(つるつるしている緑の濃い葉っぱ)やレタスで包んで食べる。

バンコクの屋台で買って食べたり、私が習ったことがあるのは、ネームじゃなくて、ひき肉を乾煎りして酸っぱ辛い味にして、レッドカレーペーストをまぶしてフリッターにしたライスコロッケと一緒にグシャグシャして頂く、要するに作るには面倒なシロモノだったけど、 こういう、出来上がったネームを崩すやつも、手軽でオツマミっぽくていいなと、シャクシャク食べながら思った。



さて、これは、私がよく買出しに行くタイ食材店さんのバーサンが作ってお弁当として売られているものだそうで。
最近、お弁当パックを作って 市庁とかに売りに行っているのだそうです。




ある日、娘を連れてお店に行くと、娘がいきなり「ジョロジョロ、でたい~!」と、(汗)
お手洗いをお借りしたところ、「え、2歳でもうトイレできるの?タイにいる私の孫、今、2歳4ヶ月の子がいるけれど、まだ全然だよ。」というところから、和やかに世間話が始まったのはいいのですが。。。。。

その、孫のお父さん(バーサンの息子さん)の嫁が逃げた話から、その嫁にバーサンが色々なものを買ってあげたのを全部持っていかれたとか、息子にも家やら車やらを買ってあげたものの、嫁さんに逃げられてからというものの、すっかり気力を無くして何もしないとか、今のこのお店の家賃も高いし(本当に高かった)、その割りに最近売り上げが落ちたから何かしなくちゃいけないのに、みんな何もしてくれないとか。

タイ語7割、日本語3割で、延々1時間、愚痴を聞かせていただきました。


その間、バーさんも子供の扱いには慣れたもので、娘にはお店の売り物のタロイモ・スナックの袋を開けて、袋ごと与えたり(汗)、炭酸飲料をペットボトルごと与えたり。(涙)

しかし、そうですね、不景気で、タイ人もタイに帰っちゃったり、タイ料理屋さんにも以前よりもお客さんが来なくなったり。
何処も大変なんだなー。


バーサン、話しているうちに余計にムカツイテきたらしく、
「ワタシがこんなに色々考えているのに、みんな何もやらない。そんなんだったらワタシ、もうタイに帰っちゃうよ!」と何度も言うので、

あなたがタイに帰って息子さんにカツを入れたりお孫さんの面倒を見たりするのもいいかもしれないけれど、
私は、あなたがタイに帰っちゃったら寂しいなあ  と、言ってみたら。

ばーさん、ニコリと笑って アリガトネ、 と言った直後。

「でも、実際問題、それも出来るわけないのよ!息子の家のローン、車のローン、私がここで稼いで送らないといけないんだから!」などと、激白延長30分。

ああああ・・・・・ この後の予定がどんどんずれ込む。(泣)


そして、ようやくレジに積まれた私のお買い物品を丁寧に袋に入れてくれて お会計をしてくれてから。
(そうです、お会計が済んでいないので、お店を出るに出られなかったのです。)

「あんた、私の愚痴、聞いてくれて有難う。分かるでしょ。ほんと、イライラしていたの。そういうのって、誰かに聞いてもらいたいじゃないの。」

と言ってから、

やおら、パックに入った、このヤム・ネームを「これ、好き?」と、少し味見をさせてくれてから
「これとか、子供が食べたお菓子とか、愚痴を聞いてくれたお礼に、タダにしてあげる。」


・・・・私って、このお店のバーサンにとって、どういう存在なんだろう???(苦笑)
[PR]
Commented by cosdina at 2010-11-17 14:25 x
お店の人、
そうとうキテたみたいですね^^;
1時間もお付き合いされたsalaisaraさん、
なんとお優しい!
ホント不景気で、ここでもよく「もうダメだ~」という
雄たけびを聞きます。
サラダ美味しそう~☆
ソーセージの酸味に、ナッツの香ばしさとか
考えると、おつまみにホントぴったりですね^^
Commented by kanabomanila at 2010-11-17 16:14
1時間半も愚痴につきあってあげたなんて、salaisaraさん、やっさしー!
きっとそのおばーさんも嬉しかったんだろうね〜。
次回はもっとサービスしてもらわないと...ね、笑。
それにしても、相変わらずタイのバーツ高が続いていて、
確かにタイの景気が心配...。
まだまだ知らないタイ料理が、いっぱいだなぁ。
Commented by garandee at 2010-11-18 13:32
ネームの作り方を見たときは、「ぎょっ」としたのを覚えてます。
でも、この手のものってじつは美味しいのよね。
わたしは、人に厳しく、自分の甘いので(汗)、きっと、「ごめんねー。急いでんのよー」って逃げちゃうなー。でも、最後にオチ(ただ)があるなら、悩むとこです。(笑)
フィリピンも出稼ぎの人の送金で支えられてる国(多分、世界でもブラジルの次くらい)。家族愛の強さが、東南アジアのいいとこですね。USDが弱くて大変みたいですが・・・。
Commented by salaisara at 2010-11-18 14:02
cosdinaさん。付き合ったというか、付き合わされたというか。(苦笑)「結婚のお祝いに24金ネックレスもあげたのに!」とか、純粋にタイ人的な愚痴だなーと、懐かしく聞いていました。

ソーセージにナッツ、ついでにショウガのピリリと辛いのも加われば、そりゃーもう、奥さん、ビールが進むってもんですよ!(風邪はどうした、私?)
Commented by salaisara at 2010-11-18 14:09
kanaboさん。丁度私が行った時、バーサン、店番のおじさんとかに当たり散らしていたらしく、私が店に入るとオジサンはそそくさと出て行ってしまったのです。それで余計にムシャクシャしていたらしいっす。
サービスは、それこそ「娘にスナック食べさせないでいいから、他のものでサービスしてくれ」と、心の中では思っていました。(爆)

タイも、政治不安はあるものの、今の所、まだまだイケイケな風でもありますが、通貨がこれじゃぁ、どうなることやらですねえ。
Commented by salaisara at 2010-11-18 14:16
garandeeさん。ネームの作り方、私も未だに怖いっす。(爆)

逃げようにもバーサNがお会計をしれくれねば逃げられないのですよ。(苦笑)でも、私も自分がムシャクシャした時は誰かに聞いてもらいたいし、タイ語もokな身内以外が来てくれたからバーサンにとっては格好の愚痴吐き相手だったのでせう。

そういえば、バンコクに出稼ぎに来ているフィリピン人、シンガー、ダンサーが多いみたい。しかも、圧倒的に上手いもんだから、参りますね。あるときホテルのバーで歌っている子の応援(?)に友達が3人ほどやってきて、「ほら、アンタも一緒に踊りなさいよ!」と、アドリブで見事なダンスを披露してくれ、その後、彼女たちに負けじとフラメンコを習いに走ったのは、あたくしです。(爆)
by salaisara | 2010-11-17 11:30 | サラダ(ヤム) | Comments(6)