来年用

e0159569_14101779.jpg


夜半、肉を叩いて何をしているのかというと。



e0159569_14114784.jpg
たまたま、材料が揃い踏みだったので、作ってしまいました。

ネームという、タイの東北地方のソーセージ。

同じソーセージでも、本当に腸詰めにするやつは「サイクローク」といって、こちらのネームというのは、腸詰にしないでいいので、作りやすいです。

材料は、ひき肉、ニンニク、塩と、生チリ。
豚の皮が入るとなおヨシなのですが、省略してもOK.



現地タイの屋台の中には、肉よりももち米のほうが多いんじゃないか!?な腸詰もありますので、自分好みの配合で作れるというのは、かなりポイント高いと思われます。


ただ。ね。

これ、普通、寝かせるのです。常温で
しかも、発酵して(?)酸っぱくなったものを、焼いたりあぶったりしていただくのですが、生でも食べます。
私は作り方を知ってから怖くて生では食べませんでしたが。

現地じゃー屋台で気軽に買ってきてビールのツマミにしていましたが、自分で作るとなると、常温、怖すぎます。私は冷蔵庫で寝かせます。


現在、試作中。1日目はまだ、ただ「混ぜ合わせました」なお味でしたが。


e0159569_14225754.jpg


3日目くらいから、いい具合に酸っぱくなってきたみたい。
これから1週間モノくらいまで、観察してみます。

しかし、嗚呼、やはり、ビールと合います。


いい配合のレシピが出来たら、来年のバーベキューに持っていきます。
・・・・って、私、既に「肉焼き」、やる気満々?
[PR]
Commented by b-nomad at 2010-10-22 18:58 x
酸っぱい肉・・・怖いですね(笑)
何でも腐る直前がおいしいといいますし、発酵食品もおいしいので
きっとおいしいのですね(と、自分を納得させる)。

それよりそのすり鉢、↓の記事を見て大きさにびっくりしました。
かーなり大きいですよね。これは持ち帰るのが大変だったはず(汗)
Commented by salaisara at 2010-10-25 10:26
nomadさん。この料理、怖いんですけど(爆)、にんにく、塩、生チリの、トリプル抗菌効果で危ない美味しさになるのだと思います。

すり鉢は、これは、ニンニクなど最初に叩いてから肉や野菜を和えるのに良いタイプなので、結構でかいです。でも、焼き物なので、それほど重くはありません。重たいのは、石で出来た、スパイスをガンガン潰せるやつのほうが重たいです。どっちにしても、もって帰ってきた私は根性ですね。(笑)
Commented by aoao2009 at 2010-11-09 09:49
あ・・・・あれ、常温で寝かせられていたんですか・・。知りませんでした。燻製でもしているのかと思って、タイから買って帰って来た後も、家で普通に吊って保存していました(ノ゚ω゚)
ただ、食べる時は薄く切って焼いていましたが。
Commented by salaisara at 2010-11-09 15:14
aoaoさん。そうですよー。現地の手作りは、常温でぶら下げてますのよー。ちなみに今回、冷蔵庫保存の2週間ものまで試して美味しく頂ましたよ。ばっちり大丈夫でした。(自分で作っておいて・・・・)

ネーム、きれいなスーパーで、工場生産の、生食用、ころころしたのが売られていますね。あれも、どうやら本当に生みたいです。どう管理しているのか知りたいです。
by salaisara | 2010-10-22 14:25 | 肉料理 | Comments(4)