ビジュアルの問題?

娘と2人のお昼ご飯は、どうしてもタイ料理を作りたくなってしまう。


e0159569_14103263.jpg


今日は、クイッティオ・パット・シーイウ。 
お醤油味の炒め米麺という意味になりますが、タイ料理でシーイウ(お醤油)とつく料理は、日本で言う醤油というよりも、甘い、黒蜜みたいなドロリとした醤油(シーイウ・ワーン、シーイウ・ダム)のほうをさすような気がするくらい、甘めに仕上がる。


ふふふ、これをお昼に作ろうと決めたのは、前日の晩御飯でブロッコリーを茹でた時なのさ。
このブロッコリーの芯の部分、普通なら食べられるけどあえて食べたくはねーな というシロモノですが、この炒め麺でカリカリと、いい歯ごたえのリズムを出してくれる、パッカナー(ケール)の茎の部分と同じ食感、味なのでございます。

味付けもヨシ、お肉も柔らかく仕上がってヨシ。
しかし。何かが違う。

麺が、センレック(細めの平麺)だからだ。
この料理には普通、きしめんみたいな幅広麺、センヤイを使う。
タイでは生のモチモのものがシート状で切り売りされていて、それを麺の太さに切って使う。

むう・・・・・・
幅広麺を探し出せたら、レッスンで教えよう。 
というか、きしめんで試作してみるか。
代用ならきしめんとか言いながら、そういえばきしめん、ちゃんと食べたことがないかも。


なら、名古屋にきしめん食べに行くか、それともタイまでセンヤイを買いに行くか。
 
・・・・何故、そこまで飛躍する、あたし?
いえ、最近、立て続けに生徒さんたちがタイに行ったりするので、単に羨ましいだけです。はい。



e0159569_14334546.jpg

そうそう、この麺料理は、甘いから子供受けがよろしいです。

・・・・それにしても、娘、よく食べるね。
オカーチャンに付き合ってタイ料理をがんがん食べてくれて、本当にありがとう。
[PR]
Commented by ブチョウ at 2010-10-06 16:31 x
センセー。パット・シーユーやりたーーーーい!!
これ、ウチの近所のタイ料理屋さん(その名もソンクラン!)で食べました。
センヤイって作れないんですか?パスタマシーンでできそう。・・・なわけないか。

それにしても。。。
すいません。わたしたちのタイ旅行がセンセーを悶々とさせているようで(笑)

で、なんかお嬢様のお手元にあるカップ、最近どこかで見たような気がするんですよね・・・。お空の上だったかなぁ?
Commented by borarn at 2010-10-06 19:51 x
こういうのをパパッと作りたいんですよね。なかなかうまくできなくて・・・。うちの子もこの手の麺は大好きです。ちなみにわが家にはシーユーダムありますけど、なぜ?(笑)

私が最近好きな米麺で正方形の形をしたのがあります。うまく作るコツをつかめなくて戸棚にはいったままですけど(汗)タイでは乾麺ではなくて生のモチモチなシートを切って使うのですね。そっちの方がお手軽簡単な気がします。私はもっぱら乾麺しか見たことないです。
Commented by salaisara at 2010-10-06 23:13
ブチョウ。パットシーイウは、確か大阪の某所でセンヤイを使った記憶があるので、少々お待ちを。センヤイは、重湯みたいな米とお湯を混ぜたものを1層ずつ油を敷きながら蒸していく、面倒な麺なのです。というか、同じ工程は、タイの代表的なお誕生ケーキであるお菓子でもやりますけど、やります?(笑)

最近の「タイが足りない」は、ブチョウ、タイ員のほか、あやっち(ブチョウも1-2回お会いしている、元運転士のお嬢さん)も11月に行くそうで。
むーん、行きたいなあ。。。
Commented by salaisara at 2010-10-06 23:23
borarnさん。朝のうちに麺を戻してお肉に調味料を漬け込んで、ニンニクと野菜を刻んでおいて、それから公園に突撃すると、お昼には、適当に手を洗ってもらったりスプーンフォークを並べてもらううちに、ささっと炒めて出来上がりなのです。
・・・って、普段はうち、お昼の仕込みをしている時間帯はお弁当作りしているから、苦じゃないのよね、きっと。

正方形のぺらぺら乾麺は、クイッティオ・シュアンハイ(上海麺)といいます。何故上海なのかは謎です。これを湯がいてヤムウンセンと同じく作っても、美味しいし、茹でた麺がくるりと巻いた様はかわいいっす。

このパットシーイウもセン・シャンハイでも作れるのですが、どうにも私の記憶ではセンヤイの、しかも、B級調理なので、その辺の妥協が難しいっす。(苦笑)
by salaisara | 2010-10-06 14:36 | ごはんもの | Comments(4)