半泣きで駆けずり回るセンンセー

e0159569_1046052.jpg


6月のレッスン、始まりました。
これは、今月のメニューの1つ、冬瓜スープ。

タイ現地の屋台なんぞでは、シンプルな塩味の鶏スープに冬瓜をボンボコ放り込んで煮ているだけなのですが、
レッスンでは、もっとちゃんとしたものを教えております。

・・・・しかし、今回は大変だった。
なぜかというと、天候不順で冬瓜の入荷が不安定だったから。


そもそも、レッスンのメニューは最低1ヶ月前には公表しちゃいます。
まあ、うちの場合、かなりアドリブ的なので、1ヶ月前に決めても許してもらえます。
それでも、1-2ヶ月前には決めないと生徒さんが困る。

と、例年、6月くらいから冬瓜が出回り始めるのを見極めて、「6月に冬瓜スープを教えれば、安くなってから皆さん、じゃんじゃん作れるし」と、思い切って告知をしてしまいました。

その前に、5月に時々八百屋に冬瓜が売られているのを目撃していたので、余裕だろうと踏んでいました。


が。いつも野菜を注文する八百屋いわく。
「5月までのは、あれ、去年のやつですよ。」

へえ、そうだったのか。
で、6月に入って、レッスンの1週間前に注文を入れた。

「丁度先週末から、今年できた沖縄産のが市場に出ていましたから、入荷は大丈夫でしょう。でも、出てきたばっかりなので、値段は高いですよ。」

よかろう。もう後には引けない。


と、レッスン前日に、冬瓜をまるっと1個買う覚悟を決めて八百屋に行きました。

と、八百屋の親父、私の顔を見るなり。

「あああ・・・・・・・ 今週、火曜日まではあったんですよ。でも、それ以降また市場中探しても出ていなかったんですよ。こっちもなるべく新鮮なのと思って週の後半になって探したんですけどねぇ。ごめんなさいね。」


オーマイガッ!!!!!!


一瞬、思考停止の後、すぐに、走りました。
では、生徒さんに謝り倒して他のスープにするか、
でも、今月のレッスンでは是非冬瓜スープをやりたい。いや、やらねばならぬ。

うちの近くは沖縄物産センターがある。沖縄食材で冬瓜は使うか?他に冬瓜を売っていそうな八百屋はあったか?
が、
まず、八百屋の親父の提案してくれた、某大手スーパーに行ってみた。
しかし、親父、どうしてこういうスーパーを提案したのか?冬瓜なんて、あんまりメジャーな野菜じゃない。

と。・・・・・・・あ・・・・・あった。カット冬瓜。沖縄県産。

マ○エツさん、ありがとぉぉぉ~~~~~~!!!!(感涙)


このスーパーに助けられたのは、これで2度目です。
最初は根っこ付きのパクチーが、当てにしていたお店で売り切れになっていて、血眼になってチャリった、2軒目のここで見つけました。(その時にはスーパーじゃなくてS&Bさんに感謝の涙を流した記憶が・・・・汗)


しかし、摩訶不思議なうちの近所。
普通にグリーンパパイヤや瓜やヘチマが店頭に並んでいる八百屋もあれば、
スーパーでも旬の走りの冬瓜が売られていたりする。
なお、今回私が売り場に立ち尽くして目に涙を浮かべた冬瓜の棚の下には、ゴーヤが残り2本、売れ残るだけでした。


そんな、顔面蒼白で走って仕入れた冬瓜、レッスンではトロントロンに煮込まれて、大層おいしゅうございました。

・・・・・って、センセーが感動していりゃダメだろ。(汗)
[PR]
Commented by cosdina at 2010-06-08 02:47 x
読んでいて、かなりドキドキしましたぁぁぁ!!!
見つかって本当に良かったです♪
いや~、日本のスーパー、恐るべしっ!ですね^^
トロントロンの冬瓜入りスープ、
とっても美味しそうです~☆
Commented by orange2234 at 2010-06-08 22:37
スリリングな小説を読破した気分です^^
タイ料理記事は5月28日の“体感!タイの国”をご覧くださ~い!
レポートがグダグダですが(^^;)
Commented by salaisara at 2010-06-09 17:05
cosdinaさん。センセー1人で焦ったり感動の涙を流したり(してない)だったのですがね。(苦笑)その後、生徒さんの1人から「その日のうちに自宅近くの(たぶん少し高級)スーパーで冬瓜がうられているのを確認しました!」とメールが来て、ほんと、ナンダカナーと思っちゃいましたよー。
Commented by salaisara at 2010-06-09 17:07
orange2234さん。タイ記事、拝見させていただきました。メジャーな料理から、生肉(笑)まで、色々ありましたねー。グリーンカレーも作ったのですねー。
by salaisara | 2010-06-07 11:16 | スープ | Comments(4)