カレーは香りが命です。 

ヒツコク、グリーンカレー・ネタ。

e0159569_11312365.jpg

これ、カレーに入れる具です。 お好みでタケノコとか色々入れるみたいですが、シンプルにまとめてみた。
この「草」類のほかに、メインで鶏肉を入れます。 

さて、この中に、私が「グリーンカレー、これは入れねば!」というものがあります。




レッスンでは、本場モンを見てもらいたくて、普通の八百屋では手に入らない、白い丸なすや、みんなが豆と間違えるようなチッコイ緑のナスをそろえましたが、

これらは、別にグリーンピースやら普通のナスやらで代用しても全然構わないと思う。
(特に小さい緑のナスは、タイ人でも嫌いな人が多いし。)

e0159569_1136471.jpg

私としては、特にグリーンカレーの場合、
こちらのスイートバジルさんは →
必要不可欠と考えます。

だって、香りがいいのですもの。

特にグリーンカレーはフレッシュな香りが命!なカレーなので、その辺をこだわらせていただきます。




私にとって、バジルの入らないグリーンカレーは かぼすの無い秋刀魚の塩焼き、ラー油のない焼き餃子のようなものです。
(力説している割には比喩が地味だ)


だだ、これ、タイのスイートバジルであって、普通の八百屋さん、スーパーでは手に入らないのですね。(涙)
タイ語では「ホーラパー」といいます。
台湾の「九層塔」というバジルが多分同じものかと思われますので、チュウカな八百屋さんには置いてあるか?

「sweet basil」だからといって、イタリアンバジルを投入してしまうと、途端にイタリア人とのハーフになるのでご注意を。ホーラパーは、あくまでも「Thai sweet basil」です。

逆にあたくし、タイにいた頃、これを「うわ、スイートバジルが安っ!」とパスタに大量投入して、途端にパスタがタイ人に変貌してしまい、悔し涙にくれた事がありますし。 
というか、袋を開けた時に香りでベツモノだと気づけよ、アタシ。




e0159569_11262034.jpg


ということで、ホーラパーさんを目立たせるべく、お一人さまバージョンでの盛り付け。
[PR]
Commented by garandee at 2010-04-01 23:15 x
小さい茄子ってたしか、すっごく苦いんですよね?
sweet basil、1度、ふつーのバジルと間違えて、
ジュノベーゼを作って、「???」なものになって以来、
注意しています(笑)
こっちで手に入らないタイ料理の材料は、こぶみかんなの葉っぱ。
たまに見かけると、トムヤンクンを作るつもりはないけど、
興奮して買ってしまいます。。。(汗)
Commented by salaisara at 2010-04-02 10:22
garandeeさん。小さいナス、そう、ぷちっと苦い、あれです。バジルは、あれ、sweet basilと書いてあるからイカンと思いますわ。
こぶみかんのはっぱは冷凍できますし、カレーの香り付け、それから細かく砕いてアジアなかんきつの香りのクッキーなどに使えますよん。
by salaisara | 2010-04-01 11:55 | カレー | Comments(2)