臭い必需品


e0159569_14542193.jpg
3月のレッスン材料。 「草」がいっぱいですな。

グリーンカレーのペーストの材料ですが、
冷凍できるものや保存の利くものも結構あるので、材料が一度揃えば何度も楽しめます。

って、揃えるまでが1mだけ茨の道かもしれませんが。
(意味不明)

これらのハーブ、スパイス類の名前が全部分かる方は、アジア料理オタクの道を確実に歩んでいます。


で、タイカレーをペーストから作るに当たって、見た目は地味でも絶対に必要なものがございまして。





e0159569_14241174.jpg
カピ といいます。 日本では蝦醤とかいうか?
おきあみの塩漬けを発酵させたペースト状の調味料。
紫色のものが上質とされている。

これに似たような調味料が、インドネシアやらフィリピンやらにもあるらしく、もっとエビの形の残ったバージョンでは、韓国料理にも使っているようで。

特にタイカレーの場合、これを少し入れることによってコクが増します。
カピがなければタイカレーはえんどう豆の入らない豆大福、イチゴの無いショートケーキのようなものだ。(どういう比喩だ?)



何故、私がここまで力説するかというと。

過去にカピを入れ忘れそうになった事があったのよー、るるる~。。。。。(恥)


もっとも、「ありゃ?香りがボヤけている。さてはっ!」と、ペーストが出来た段階ですぐに分かるので、後で慌ててカピを加えてしまう。なのでまだ肝心なものを入れ忘れる割には大事には至っていない。

恐るべし、カピの威力。
恐るべし、タイ料理のアバウトさ。


なお、こんなにステキな調味料であるカピですが。
日本のカレーの風味付けに入れるには、かなり危険が伴うと思われますので、ご使用時にはご注意の程、お願い申し上げます。



e0159569_10371079.jpg


しかし、グリーンカレーって、どうして外国人に人気なのだろうね?
[PR]
Commented by chiyofone at 2010-03-30 21:29
私も大好きです〜♪
美味しそう。。。。
salaisaraさんの教室が近かったら私も通ってみたいですーー!!!
ペーストから作るなんて興味津々です☆
Commented by salaisara at 2010-03-31 15:48
chiyofoneさん。うちのレッスンに通うようになったら、お店で「自分で作ったほうが美味しいかも」とか暴言を吐いてしまう嫌な客になりますよ。(笑)
でも、自分でペーストから作ると、辛さも香りも自分で調整できるからいいですよぉ。
Commented by マイキー at 2010-03-31 16:29 x
はじめまして~。
タイ料理でイロイロ見させていただきました。
カピってアミエビの塩漬けのことなんですね。
グリーンカレーにも入っているとは!
良いお出汁が出ますものね~。
私も常備しているんですが、韓国食材店で買うので
エビの形の残ったバージョンです。
わが家では、鍋に入れることが多いです~。
http://kurasiarekore.blog109.fc2.com/blog-entry-219.html

また遊びに来まーす!
Commented by salaisara at 2010-04-01 11:23
マイキーさん。コメント有難うございますー。韓国のは鍋に入れるとコクが出て美味しいですよね。カピ、タイ料理ではカレーのほかにもディップ、炒め物にも入れます。ご飯を炒めても美味です。
Commented by garandee at 2010-04-01 23:07 x
ははは、面白い比喩表現だけど納得してしまった、カピ。
こっちでは、バゴーンって言います。(名前が強烈でしょ?笑)
だいたいの葉っぱ&スパイスが分かってしまうのは、アジア料理オタクというより、この国で通っていた50cmの茨の道のおかげでしょうか。まだまだ salaisaraさんには敵いません。(笑)
自分で作る場合、どうしてもカレーペーストに頼ってしまうけど、
いつか自分でいちから作ってみたいわー。
Commented by salaisara at 2010-04-02 09:30
garandeeさん。入れ忘れたことがあるからこそ言えるこの表現かと思われまして。(恥)ペーストは、機会があれば是非作ってみてください。美味しく出来れば茨の道にも花が咲きます。(笑)
by salaisara | 2010-03-30 15:00 | カレー | Comments(6)