お鍋まかせ その2.

e0159569_9401536.jpg


今月のレッスンでは、鶏がらからクリアスープをとった他に、甘めのコックリした味わいの鶏の煮込み入りスープも作りました。
クイッティオ・ガイ・トゥン(煮込み鶏肉いり米麺)とか、クイッティオ・ノーン・ガイ(鶏もも入り米麺)という名前で、タイの屋台でも食べられます。
もっとも、 クイッティオ・ノーンガイ(鶏のもも/ふくらはぎ)と書いてあっても、手羽元以外の肉が入ってきた事って、私が住んでいたアパートの近所の屋台では皆無だったかと。
*ちゃんと高いのを頼めばもも肉にありつけたのかも?

と、いうことで、私が作る時も、鶏手羽元を使います。 コラーゲンもたっぷり摂れるしね。

鶏肉を煮込みつつ、スープも一緒に作ってしまうので、骨付き肉であることが重要です。
あとは、お好みで調合したチュウカな香りのスパイス類とお醤油系の調味料も一緒に放り込んで コトコトと煮込みます。


この麺のスープは甘めの仕上がりなので、私は唐辛子の小口切りをうかべたお酢をかけるのが好き。
さっぱり頂けます。

ちなみにこの麺料理、うちの娘が大好きです。
手づかみで肉を掴んでかぶりつき、キレイに食べた後は、何時まででも骨をしゃぶっている。
・・・・他にオカズはイッパイあるんだから、そんなに名残惜しそうに骨ばっかりしゃぶらないでくれ、娘よ。(大汗)
[PR]
by salaisara | 2009-12-15 10:20 | ごはんもの | Comments(0)