男受け。

最近、オトーチャンがちゃんと働いてくれているので、ご褒美に男受け料理を作ってあげた。

e0159569_1038445.jpg

エビとえんどう豆の炒め物。

現地では育ちすぎたらしい巨大さやえんどうを使うのですが、今回は近所の八百屋で安売りしていたスナックえんどうを使ってみた。
個人的にはスナックえんどうを使ったほうが美味しいと思う。

何故だかこの炒め物は、うちのオトーチャンに限らず、男受けがよろしい。
韓国在住日本人の男性も、1年に2-3回ゴルフしにたいに行くオッサンの知人も、
「パタヤに行くと、海沿いのシーフードレストランで必ずこれを注文する」と言っていた。

はて、不思議なこともあるものだ。
日本人の、特に男連中、「ナムプラーの匂いが駄目」という人が多いし、うちのオトーチャンにしても、特に生ナムプラーを使うヤムなどは、ほとんど手をつけないくせに。

この料理、ナムプラーがメインの味付けなのよね。

ま、私としてはこの料理、簡単だし、ビールのツマミにもいいし、ご飯にも合うし、少しでもタイの香りが楽しめるからいいんだけど。

ええ、娘もこの料理でお茶碗1杯のご飯をガシガシ食べてくれました。
娘、甲殻類アレルギーじゃなくてよかったね。

そういえば最近、娘はお茶碗を片手に持ち、茶碗のふちに口をつけて、フォークでがしがしご飯をかっこんで食べる技を覚えました。
味噌汁も、ご飯茶碗にじゃーっとかけて、一気にかっこむ事も覚えました。
娘、ますます男らしくなったね。。。。。(汗)
[PR]
by salaisara | 2009-12-08 10:55 | シーフード | Comments(0)