オカシ+野菜= 意外にイケル?

画像を整理していたら、前に友達にお弁当を持っていった時の デザートについて書くのを忘れていたのに気づきました。

e0159569_11374795.jpg


カノム・モーケン(ココナッツミルクの焼きプリン)の、プレーンバージョン。

さて、この上に散っているのは、何でしょう?



e0159569_11421770.jpg
シャロット。日本語なら、紫小玉ねぎというべきか?
タイ語では「ホームデーン(赤玉ねぎ。ホームというのは’いい香りがする’という意味もあるけど。)」といいます。

なお、これは、英語ではshallotと、タイ料理本に書かれていますが、
見ての通り、エシャロットでもないし、普通に直訳する「わけぎ」とも違う。
ヒジョーに、実物を見たことのない方には理解しがたいシロモノです。

要するに、野菜です、野菜。
これを、スライスしてカリカリに揚げたのを、頂く前に散らすのですね。

ベタ甘い(私が作る時には甘さは控えているけれど)ココナッツ風味たっぷりのプリンに、フライド・オニオンをトッピングですよ、奥さん。

でも、パームシュガー、ココナッツミルクと卵だけで作る、プレーンバージョンのモーケンには、逆にこれが乗っていないと物足りないのです。

友達も、結構ビビッテいましたが、食べて納得してくれたみたい。
百聞は一食にしかず。 機会があれば試してみてください。


e0159569_12295118.jpg
なお、このプレーンの材料+ 例えばタロイモ、緑豆を蒸して潰したものなどを加えたバージョンになると、逆にこのフライドオニオンがトッピングされていると、その味が邪魔になる。
(写真は 日本のサツマイモ・バージョン)

シャロット、お前、名前だけじゃなくて、使用方法も摩訶不思議なヤツなのだな。
[PR]
Commented by borarn at 2009-11-17 22:49 x
こういうの、作ってもらって食べたい(←自分で作るという発想なしの私)ホムデンをあげて散らすのかぁ。なんか不思議だけど、きっと食べたら美味しいんだろうな。こちらホムデンも容易に手に入るので(日本よりタイ食材が簡単に手に入るのです)作れるな。

でも、今は人様が作ったご飯が食べたいのです(涙)
オイシそー
Commented by garandee at 2009-11-18 08:13
すごい組み合わせでびっくり!
でも、甘いお汁粉食べてると、お漬物欲しくなるし、そんな感覚なのかなー?
こっちもにホームデーンあるよ。確かにふつーのたまねぎより辛めで、香りも強いかも。
Commented by salaisara at 2009-11-18 10:22
borarnさん。私がそちらに居れば、お弁当作って持っていくのにねぇ。ホムデン、日本では普通には手に入らないし高いのよ。先日はじめて通販で買ってみたら、到着したときには根っこが生えていた。(涙)タイ食材が簡単に手に入る環境に身をおきたい今日このごろ。。。
Commented by salaisara at 2009-11-18 10:26
garandeeさん。不思議なことに、揚げホムデーン、プレーンバージョンでは合うのに、芋やら豆やらの混ぜ物バージョンでは途端に邪魔になるのです。ココナッツと相性がいいのかも。
タイでは普通の玉ねぎ買うよりもホームデーンのほうが安かったけど、そちらではどうなんでしょ?香りが強いのとあの色なので、ヤム(サラダ)にホームデーンのスライスを散らすとカワイクなりますよん。
by salaisara | 2009-11-17 12:40 | お菓子(カノム) | Comments(4)