レモングラス万歳!

オトーチャンの1日中いない日曜日。

昼寝を1時間弱しかしなかったのに、午後も自ら靴を持ってきて「遊びに行くのー!」
午後もちょっと涼しくなってから公園に出かけて散々っぱら遊び倒し、

夕方5時半頃、ようやく家に戻ったら、
文字通り娘、遊び倒れました。


ふ・・・オカーチャンは、このときを待っていたのさ。

娘の晩御飯の準備はあらかた出来ていたので、

e0159569_11381853.jpg


オカーチャンの 晩御飯。
ガイ・トート・タクライ (鶏肉のレモングラス揚げ)。

ナムプラー、お砂糖、それからオイスターソースと 叩いたレモングラスで鶏肉をマリネして揚げて、
別に刻んだレモングラスとコブミカンの葉っぱを素揚げしたものを散らすというもの。

これも、ジム・トンプソンのCOOK BOOKに載っていたものです。

これ、作っている過程がめちゃくちゃステキです。

先に散らす方のレモングラスを揚げておいたのですが、
揚げている最中からレモングラスの香りが立ち込めて、その香りのついた油でまたレモングラスの香りのついたお肉をまた揚げたもんだから、そりゃーもう、レモングラス好きにはタマリマセン。


でも、食べてみると、調理中に感動したほどのレモングラスの香りはなく、しかも、今回、ちょいと刻んだレモングラスの厚さが厚かったかも?でして、カリカリに揚げたはずのレモングラスが固くて食べづらかった。

うううん、ちょいと改良の余地あり。
食べやすさ、食べた時の香りが楽しめるのは、私が今まで教えてきた、ココナッツミルクとレモングラスを合わせた、とろりとしたソースをかけるバージョンかも。


と、一応の試作に満足、あとは娘が起きたら一緒にご飯たべて~♪ と思ったそのとき。


オトーチャンからの電話。
「あと30分くらいで着くかも。ところで何かオレが食うものあるの?


・・・・・・

先に食べちゃっていいというのは、 あなたの分の準備をした上で 先に食べてくれということだったのね。遅くなるからその辺で食べてくるということじゃーなかったのね。(涙)

ええ、30分で、しかも娘が起きだしてぐずりはじめたのをなだめすかしながら、オトーチャンのマンマも作りましたよ。

ああ、どうにも言葉の足りない うちのオトーチャン。
というか、全然コミュニケーションとれていないよな、我等。(怒)
[PR]
Commented by chiyofone at 2009-08-28 15:28
レモングラス。ドリンクにすると苦手だけど。。
ごはんものだと すっごく良い香りしますね!!
働いてたカフェではレモングラスに鶏肉巻いて揚げるメニューやってました!! いつも生レモングラスはどこで手にいれるんですか??
Commented by salaisara at 2009-08-29 07:02
chiyofoneさん。レモングラスティーも、フレッシュの、根元のほうを使うと青臭さも少ないっす。私は更に蜂蜜にしょうがを漬けたのを入れています。
レモングラスを芯にして鶏肉を揚げるのは、たぶんヴェトナムですね。(mamiせんせい、どうですか?)ヴェトナムは、あと、マリネした牛肉をレモンの葉っぱで挟んで裂いたレモングラスの茎で更に挟んで網焼きにする料理もあって、タイとは使い方が違うなーと思いましたわ。
Commented by salaisara at 2009-08-29 07:10
あ、生レモングラスですが。私は知り合いのおば様が静岡で有機栽培しているのを1年に一度送って下さるのを冷凍しています。本当に生を使いたい時は、横浜のタイ食材店で買っています。たしかこちらも静岡産。アジア食材店を覗いてみるとあるかもですー。
by salaisara | 2009-08-25 11:56 | 肉料理 | Comments(3)